日本 石油備蓄の追加放出には適切な対応をとっていく

© 写真 : Official site of Seiji Kihara木原誠二内閣官房副長官
木原誠二内閣官房副長官 - Sputnik 日本, 1920, 06.10.2022
日本政府は石油備蓄の追加放出について、米国や他の関係国、国際エネルギー機関(IEA)の動向を注視しつつ、適切な対応を取っていく。木原誠二内閣官房副長官が6日の記者会見で、このように明らかにした。
石油輸出国機構(OPEC)やロシアなどその他の非加盟国の産油国からなる「OPECプラス」は5日、ウィーン(オーストリア)で開かれた会合で、11月の原油生産ペースを日量200万バレル減らすことで合意した。会見で木原氏は、この合意を受け、原油価格が高止まりする恐れがあると指摘している。
日本政府は2022年2月から5月にかけて、原油価格の高騰を抑えるため、石油備蓄の放出を4度行った。石油備蓄の放出は、米国をはじめとする数カ国の協力のもとで行われた。
関連記事
スウェーデン、今冬の電気料金が昨年の2倍に
トランプ氏がバイデン氏のエネルギー政策を批判、国内での原油増産を呼び掛け
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала