韓日関係が良い時期に戻れば、両国経済にも役立つ=尹大統領

© AP Photo / Jeon Heon-Kyun韓国の尹大統領
韓国の尹大統領 - Sputnik 日本, 1920, 07.10.2022
韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は7日、6日に日本の岸田文雄首相と電話会談を行い、会談で「韓日関係が早期に以前のような良かった時期に戻り、企業と国民の交流が円滑になれば、両国経済にも大きく役立つとの考えで一致した」ことを明らかにした。聯合ニュースが報じた。
また、尹大統領は、北朝鮮の核・ミサイル問題に関して「北の核挑発、ミサイル挑発に対しては韓米日3カ国で緊密な安全保障協力体制を構築し、しっかり対応していくことで認識が一致した」と語った。
同日、韓米日3カ国の国防担当高官は電話協議を行い、北朝鮮のミサイル発射への対応を話し合った。6日、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが東に向けて発射された。いずれも日本のEEZ(排他的経済水域)の外側に落下した。
韓国軍の玄武2C - Sputnik 日本, 1920, 06.10.2022
韓国軍 弾道ミサイル発射の失敗について謝罪
岸田首相と尹大統領は9月21日、米ニューヨークで初めて約30分にわたり「懇談」した。
日韓関係の懸案事項となっている徴用工問題とは、日本統治時代の韓国で徴用で過酷な労働を強いられたとして韓国人元労働者や遺族が日本企業に補償などを求めている問題。日本側は1965年の日韓請求権協定で徴用工問題は「解決済み」だと再三主張してきた。
2018年秋には、韓国の大法院(最高裁)が新日鉄住金(現・日本製鉄)と三菱重工業に対し、それぞれの被害者への賠償を命令。しかし両社とも支払いを拒否し、被害者側は被告企業の韓国内資産を現金化するための手続きに入っている。
関連ニュース
ロシアは日米共同訓練を自国の安全保障上の脅威とみなし、日本側に責任をもって取り組むよう求めた=露外務省
緊張高まる朝鮮半島 米韓が合同軍事演習でミサイル発射
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала