- Sputnik 日本, 1920
フィギュア特集

アリーナ・ザギトワ、16歳のときにつきまとわれた「犯罪者」のファンについて語る

© Sputnik / Alexander Vilf / メディアバンクへ移行女子フィギュアスケート平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ
女子フィギュアスケート平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ - Sputnik 日本, 1920, 07.10.2022
女子フィギュアスケート平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(20)は、自身が16歳だったときにつきまとわれた麻薬中毒者のファンについて語った。

ザギトワはインタビューで「カザン出身の男性がスモークガラスの大きな車で私のところに来ました。彼は家の近くで私のことを待っていました。私は16歳で、ショックを受けました」と話した

ザギトワによると、当時は車を持っておらず、徒歩で練習に通っていたという。ザギトワは続けて「ある時、祖母が私と一緒に出かけました。その男性は、私たちが歩くのと同じくらいの速度でゆっくり車を進めて、(祖母に)『私はあなたの孫と話をしなければならない。彼女のことがとても気に入っているんだ』と言いました」と語った。
ザギトワによると、その男性は妻と離婚しており、養育費を支払っておらず、さらには麻薬中毒者だったという。
ザギトワは「最終的に、私にボディーガードがつけれられ、男性はカザンに送り返されました。その後、彼がどうなったのかは知りません」と締めくくった。
シェルバコワ選手、アイスショーで司会者デビュー - Sputnik 日本, 1920, 07.10.2022
フィギュア特集
シェルバコワ選手、アイスショーで司会者デビュー
ザギトワはインタビューで、フィギュアスケート界の争いについても語った。

「スケート靴に塩をかけられたことがありました… 私が14歳のときでした。私の初のジュニアシーズンで、大会前の(テスト)演技でした。私のスケート靴に塩がかけられているのを見て、もう終わった、何もかもうまくいかないと思いました。結果、 私はショートプログラムで1度転倒しましたが、フリーではすべてがうまくいきました」

関連ニュース
トルソワ選手がトゥトベリーゼ・チームを離脱、厳しすぎるトレーニングが原因か、それとも恋煩いか
「偉大になるよ。君のような人はいない』 プルシェンコ氏が羽生結弦選手との初めての出会いを回想
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала