日本、ロシアによるウクライナ攻撃を強く非難=外務省

© AFP 2022 / Janek Skarzynski 日本の林外相
日本の林外相 - Sputnik 日本, 1920, 11.10.2022
日本の林芳正外相は11日、日本政府はロシアによるウクライナ各地への攻撃を強く非難すると表明した。
ロシアのプーチン大統領は10日、ロシア国防省の提案と参謀本部の計画に従い、ウクライナの軍事、通信、エネルギー関連施設に対して長距離精密兵器による集中攻撃を行ったと発表した。プーチン大統領は、8日に発生したクリミア大橋の爆発について「ロシアの極めて重要な民間インフラの破壊を目的としたテロ行為」と名指ししていた。
林外相は、定例会見で「我が国として、ロシアの攻撃によりウクライナ各地において多くの市民が犠牲となっていることを極めて深刻に受け止めている。民間人や民間施設への攻撃は国際法違反であり、強く非難する」と述べた。
また「ロシアに対して即時に侵略を停止し、部隊をロシア国内に撤収するよう改めて強く求めていく」と述べた。
林外相は「現時点までに、在留邦人の生命・身体に被害が及んでいるとの情報には接していないが、同様の攻撃が続き、民間施設が巻き込まれる可能性も否定できない」とした上で、未だウクライナに滞在している日本人に対して、安全を確保した上で直ちに退避するよう呼びかけた。
G7(主要7カ国)は11日、オンラインによる緊急会合を開催し、ウクライナ各地への攻撃による被害について議論する。会合の冒頭では、ゼレンスキー大統領も参加する。
関連ニュース
英トラス首相、G7緊急会合でNATO首脳の緊急会合を呼びかけ
バイデン氏、ゼレンスキー氏に防空システム等の支援継続を約束=ホワイトハウス
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала