ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナにおけるインフラ施設への攻撃 2日目

ロシア軍は11日、前日に引き続き、ウクライナ各地に点在する軍やエネルギー関連などの重要インフラ施設へのミサイル攻撃を敢行。同日、国防省は全ての標的への攻撃が完了したと発表した。
攻撃があった地域は南部ザポロジエ、中部ラディージン、西部リヴィウ(リヴォフ)、リウネなど。水力発電所や火力発電所が攻撃を受けたほか、ウクライナ軍の燃料貯蔵基地や武器保管庫、鉄道拠点などが破壊された。
ロシアのプーチン大統領は前日10日、ウクライナの軍事、通信、エネルギー関連施設に対する集中攻撃を行ったと発表した。プーチン大統領は、ウクライナはこれまでロシア連邦領内でテロ行為を繰り返しており、その脅威レベルに合致した、厳しい対応を行うと明言していた。
関連ニュース
核のレトリック:虚偽報道?それともハルマゲドンは現実なのか?
米政府によるウクライナ和平交渉の呼びかけは偽善=露ザハロワ報道官
米国は限界まで煽っておいて、責任を他に擦り付ける 中国グローバルタイムズ紙
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала