店の前の行列、代替ルート 大橋のテロで打撃、クリミア半島の生活はどう変わったか?

© Sputnik / Konstantin Mihalchevskiy / メディアバンクへ移行クリミア大橋でのテロ事件後
クリミア大橋でのテロ事件後 - Sputnik 日本, 1920, 12.10.2022
10月8日土曜日、クリミア大橋でトラックが爆発したことが明らかになった。爆発により、並走していた燃料タンク7台に引火し、クリミア大橋の2本の道路の一部が崩落した。またこの爆発により、3人が死亡した。
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は9日、クリミア大橋爆発の考案者、依頼者、実行者はウクライナの特殊機関であり、これはテロ攻撃であると表明していた。
クリミア大橋での爆発が伝えられたすぐ後、クリミアのガソリンスタンドには長蛇の列ができ、人々はガソリンの買い占めを始めた。ジェリカンに入れて持ち帰る人の姿も見られた。スーパーマーケットでも大きな騒動が起こった。
「クリミア大橋」テロ - Sputnik 日本, 1920, 12.10.2022
「クリミア大橋」テロ ロシア連邦保安庁がテロ首謀者を発表

品不足になる可能性は?

クリミア大橋はクリミア半島の主な交通動脈の一つであり、これを爆破させるというのは、クリミアを整備された供給ルートから断ち切ろうとする試みである。しかしながら、クリミア共和国政府は、パニックになる理由は何もない、半島は食糧も燃料も十分な備蓄があると明言している。
またクリミア大橋を走る鉄道も、10月8日の夜にはすでに完全に復旧した。後に、4車線のうちの2車線で自動車の通行も再開した。ただし、今のところ、通行できるのは軽自動車のみで、車両の検問が行われている。
クリミア共和国のセルゲイ・アクショーノフ首相は、橋の復旧作業は1ヶ月から1ヶ月半の間には完了する計画であることを明らかにした。
ロシアのプーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 10.10.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアはウクライナの軍事、通信、エネルギー関連施設への攻撃を行った=プーチン大統領
クリミア大橋が開通するまで、クリミアとロシア本土の間にはフェリーが運航され、双方を繋いでいた。貨物自動車と観光客が溢れ、状況は困難を極め、フェリーを待つ人々が何日も行列を作った。今回のクリミア橋での爆発後、このフェリーの運航が再開され、現在、貨物自動車やバスの輸送は24時間、無料で行われている。
後に、クリミア共和国議会のウラジーミル・コンスタンチノフ議長は、クリミアに食糧の問題はないとし、備蓄がまだ残っている上、すでにフェリーで新たな供給も行われていると説明した。
またセバストポリのミハイル・ラズボジャエフ知事は、地域には40日分のガソリンの備蓄があると述べ、また後に、「いかなる品不足も起きておらず、今後も起きることはない」と断言し、燃料や食糧の供給は解放された領土を通過して行われると言明した。
イーロン・マスクのツイッターアカウント - Sputnik 日本, 1920, 06.10.2022
ドネツク人民共和国、ルガンスク人民共和国、ザポロジエ州、ヘルソン州のロシア連邦への編入
イーロン・マスク氏 ウクライナ東部はロシアを好むと発言

橋以外にも方法はある

クリミア共和国政府は、クリミアには陸上の輸送ルートも整備されていると述べている。今後、半島への貨物輸送およびロシア中央部への輸送は、クリミア橋だけでなく、ヘルソン州、ザポロジエ州、ドネツク人民共和国を通る陸上のルートでも可能となるのである。
さらに、10日にクリミアを出発したおよそ70台から成る大型貨物自動車の最初の隊列が、マリウポリを通過する新たな陸上ルートを通り、解放された領土をすでに越え、ロストフ州に到着している。
関連ニュース
クリミア大橋の爆発 またもやウクライナ特務機関の起こしたテロ
トルコ ウクライナをめぐり、ロシアと西側諸国との交渉を計画=メディア
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала