NATOの核抑止軍事演習 戦闘兵器の使用は無し

NATO - Sputnik 日本, 1920, 14.10.2022
NATOは14日、10月17日から30日に14カ国が参加で実施を予定している核抑止の軍事演習「Steadfast Noon」について、戦闘兵器は使用されないことを明らかにした。
NATOの声明には、30日まで続く演習はあらかじめ計画されていた通常の演習であり、現在の世界状況とは関係がないと但し書きが書かれている。
声明には「戦闘兵器(実弾)は使用されない」と書かれている。
核兵器(イメージ) - Sputnik 日本, 1920, 11.10.2022
核のレトリック:虚偽報道?それともハルマゲドンは現実なのか?
この他にNATOは演習の枠内で行われる訓練飛行はベルギー、北海、英国上空で展開されると指摘している。
ロシアのミハイル・ガルージン駐日大使は前日13日、NATO加盟国がロシア極東の国境近くで日本との演習に参加している事実を指摘し、これは脅威であり、ロシアは相応の措置をとる必要があると表明していた。
関連ニュース
「ここにNATOはない。そして今後存在することもない」 米太平洋陸軍司令官、太平洋地域における米国の中国封じ込め計画を語る
NATOはウクライナ紛争の当事者ではないが、ウクライナ支援を続ける=ストルテンベルグ事務総長
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала