ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

NATOは事実上ウクライナ紛争に首を突っ込んだ=露大統領報道官

© Sputnik / Vladimir Astapkovich / メディアバンクへ移行ロシアのぺスコフ大統領報道官
ロシアのぺスコフ大統領報道官 - Sputnik 日本, 1920, 16.10.2022
ロシアのぺスコフ大統領報道官は16日、ロシアのテレビ番組のインタビューで、北大西洋条約機構(NATO)は事実上ウクライナ紛争に首を突っ込んだが、これがロシア連邦の目的に影響することはなく、ロシアの能力は特殊作戦の継続を可能としており、それは遂行されると述べた。
ぺスコフ氏は「NATOは事実上ウクライナ紛争にすでに首を突っ込んだ。しかし、これはいかなる形でもわれわれの目的には影響しない。つまり作戦は継続され、最後まで行われる」と述べた。
同氏は、NATOがウクライナを支援していることは状況をロシアにとって「本質的により困難」にしていると指摘し、「1つのかかわりあうべき事柄、それはキエフ政権、もう1つのかかわりあうべき事柄、それはNATOの能力。これはさらなる負担だ。しかしわれわれの能力はこのような状況の中でも作戦の継続を可能としている」と述べた。
NATOのストルテンベルグ事務総長 - Sputnik 日本, 1920, 14.10.2022
NATOはウクライナ紛争の当事者ではないが、ウクライナ支援を続ける=ストルテンベルグ事務総長
9月にロシアのプーチン大統領はドネツクおよびルガンスク両人民共和国の解放をはじめとした特殊作戦の主要目的に変更はないと述べた。プーチン大統領は、ルガンスク人民共和国は「完全に解放された」が、ドネツク人民共和国は一部が解放されたと指摘した。
関連ニュース
「NATO拡大はないという約束は汚らしい嘘だった」プーチン大統領 西側がロシアに仕掛けるハイブリッド戦争の理由を指摘
ウクライナ政府が交渉の用意がある唯一のテーマとは
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала