台湾は主権や民主主義の問題で譲歩するつもりはない=台湾総統府

© Depositphotos.com / Sezerozger台湾と中国の国旗
台湾と中国の国旗 - Sputnik 日本, 1920, 17.10.2022
台湾総統府の張惇涵(ジャン・ドゥンハン)報道官は16日、同日開幕した中国共産党の第20回党大会における習近平総書記(国家主席)の台湾との再統一の展望に関する発言を受け、台湾はその主権、自由、民主主義的価値観に対するコミットメントに関する問題で譲歩するつもりはないと表明した。
張氏は、台湾は立場をかたく守っていると指摘した。台湾の人々は、主権、民主主義、自由の問題について譲歩することはできないという意見で一致しているという。
張氏によると、台湾は台湾海峡両岸にとって対立は選択肢ではないという立場に立っている。
張氏は、台湾の住民は中国政府が提案する「一国二制度」方式は受け入れられないと考えていると述べた。同氏は、台湾は「主権独立国家だ」と指摘した。
台湾 - Sputnik 日本, 1920, 13.10.2022
台湾がウクライナに媚を売るのは米国へのへつらい 専門家
習近平氏は16日開幕した第20回党大会で報告を行い、台湾をめぐり、平和的な再統一を目指すが、武力行使は放棄しないと表明した。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала