米韓、31日から大規模な合同空中訓練を実施=聯合ニュース

F-35B戦闘機 - Sputnik 日本, 1920, 18.10.2022
北朝鮮の度重なるミサイル発射を受け、韓国と米国は10月31日から11月4日まで米軍のF-35B戦闘機を含む200機以上が参加する大規模な合同空中訓練を実施することが判明した。聯合ニュースが韓国軍関係者の情報を引用して報じている。
今回の合同訓練には韓国軍からF-35A戦闘機やF-15、KF-16戦闘機など約140機、米軍からは在日米軍岩国基地(山口県)に所属する最新鋭のF-35Bステルス戦闘機など約100機が参加する。
聯合ニュースによると、韓国軍筋は、文在寅前政権期に縮小された韓米合同訓練を正常化する意味合いもあるとの見方を示しており、韓米合同空中訓練「ビジラント・エース」の事実上の復活を指す。
北朝鮮 - Sputnik 日本, 1920, 18.10.2022
日本、北朝鮮に追加制裁 核・ミサイル開発に関与の5団体=官房長官
また、今回の演習は、中国共産党の党大会が終了する10月下旬から11月8日の米中間選挙までの間に、北朝鮮が核実験に踏み切るとの懸念から実施を決定したとされている。
さらに、オーストラリア空軍が空中給油機などを派遣して演習に参加する予定だという。
韓国は8月下旬から、米国や日本などとの合同演習を数多く実施している。一方、北朝鮮による度重なるミサイル実験は、米国は原子力空母「ロナルド・レーガン」をこの地域に移動させ、日本や韓国と合同演習を行ったことに反発して行われたものとされている。
関連ニュース
南北合意は重要性を失ったのか?
北朝鮮、14日に計390発の砲撃 韓国側での砲撃への「警告」と主張
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала