ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナ軍、禁じられた攻撃を画策=ロシア軍・スロヴィキン将軍

© Sputnik / Mikhail Metzel / メディアバンクへ移行スロヴィキン将軍
スロヴィキン将軍 - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2022
ウクライナにおけるロシア軍の特殊軍事作戦で新たに統一共同軍団の指揮官に任命されたセルゲイ・スロヴィキン将軍が18日、記者会見に臨み、ウクライナ軍が禁じられた攻撃手段を適用する可能性を示した証拠や、準備をしている情報があると明らかにした。
スロヴィキン将軍は、へルソン地域でウクライナ軍がカホフカ水力発電所に対する大規模なミサイル攻撃や、都市への無差別攻撃といった「禁じられた戦争の手段」を適用する可能性を示したデータがあるとしている。「こうした行為によって巨大な産業センターのインフラ壊滅の危険性や民間人の犠牲が出る可能性がある」と指摘している。
こうしたウクライナ側の動きをうけ、ロシア軍はへルソン州の民間人をロシアの他の地域へ疎開させ、安全を確保するプログラムを政府とともに進めていると明らかにした。同日、ヘルソン州当局もドニエプル側左岸の一部地域住民の避難を発表している。
スロヴィキン将軍は一方、ウクライナ軍には毎日600~1000人の戦死者、負傷者が出ているとした。北大西洋条約機構(NATO)はウクライナ軍に攻勢をかけるよう要求しており、NATO指導部はウクライナ軍兵士や民間人の犠牲は厭わないと指摘した。
セルゲイ・スロビキン将軍 - Sputnik 日本, 1920, 12.10.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
異名「ハルマゲドン将軍」 ウクライナにおける特殊軍事作戦のロシアの新指揮官はこんな人物
スロヴィキン将軍はシベリアのノボシビルスク出身。軍事学校、アカデミーを卒業後、ロシア軍の将校として出世街道を進んでいった。第2次チェチェン戦争やシリアでのテロとの戦いにも参戦しており、その類を見ない能力から「ハルマゲドン将軍」の異名を持つ。10月8日、新たに創設された特殊軍事作戦における統一共同軍団の指揮官に任命された。
関連ニュース
ロシア軍、ウクライナの軍事施設と電力システムへの攻撃継続 目標達成=ロシア国防省
ウクライナ紛争はこうなる 中国人専門家の考える2つのシナリオ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала