政府が市場介入か、急激な円高で一時144円台に

© 写真 : Japanexperterna.se政府が市場介入か、急激な円高で一時144円台に
政府が市場介入か、急激な円高で一時144円台に - Sputnik 日本, 1920, 22.10.2022
外国為替市場では21日夜に1ドル=151円台後半まで急速に円安が進んだあと、円相場は1ドル=144円台まで一気に円高方向に変動しした。政府・日銀が市場介入に踏み切ったとみられる。NHKが報じた。
日本時間の午後11時半すぎに、円相場は突然円高方向に振れ、およそ2時間で1ドル=144円台半ばまで変動した。財務省の神田財務官は記者団に、市場介入については「コメントしない」としたが、ドルを売り円を買い、市場介入に踏み切ったとみられている。
政府・日銀は9月22日におよそ24年ぶりにドル売り円買いの市場介入を行っていた。
関連ニュース
「岸田氏にとっては大きな教訓となるだろう」 突然のトラス氏の首相辞任を日本はどう受け止めたか
【解説】エネルギー確保に必死の形相の日本 豪州との反中国の友情は助けとなるか?
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала