- Sputnik 日本, 1920
フィギュア特集

フィギュアGPスケートカナダ・男子SP 三浦が首位発進、宇野は2位

© Sputnik / Alexander Vilf / メディアバンクへ移行宇野昌磨選手(2021年世界選手権)
宇野昌磨選手(2021年世界選手権) - Sputnik 日本, 1920, 29.10.2022
カナダ・オンタリオ州ミシサガで開催されたフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦では28日、男子ショートプログラム(SP)が終了。日本の三浦佳生選手(17)が首位に立っている。2022年世界選手権覇者の宇野昌磨選手(24)は2位につけている。
GPシリーズ第1戦スケートアメリカで準優勝を果たした三浦選手は、ジャンプをすべて成功させ94.06点で首位に立った。
宇野選手は4回転トウループ-3回転トウループの連続ジャンプで手をつき、後半のトウループが1回転になった。89・98点で2位となっている。
演技後、宇野選手は「自分の今の出来のいいものでもなく、悪いものでもなく、ほんとに練習通りの演技だったかなと思います」と振り返った
3位に立ったのは、イタリアのマッテオ・リッツォ選手(24、81.18点)。
また、同大会ペアSPでは、日本の三浦璃来/木原龍一組が73.39点で首位に立った。女子SPでは、日本の紀平梨花選手(20)は8位発進、渡辺倫果選手(20)が6位(62.78点)で日本勢最高位となっている。
関連ニュース
フィギュア スケートアメリカで坂本が優勝 ロシア国内大会と結果を比較
「偉大になるよ。君のような人はいない」 プルシェンコ氏が羽生結弦選手との初めての出会いを回想
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала