- Sputnik 日本, 1920
フィギュア特集

WADA、ワリエワの金剥奪求める ドーピング問題のこれまでの流れ

© Sputnik / Grigorii Syroev / メディアバンクへ移行ドーピング疑惑の渦中に行われた北京五輪女子シングルの滑走後のワリエワ選手と、コーチのトゥトベリーゼ氏
ドーピング疑惑の渦中に行われた北京五輪女子シングルの滑走後のワリエワ選手と、コーチのトゥトベリーゼ氏 - Sputnik 日本, 1920, 15.11.2022
フィギュアスケート女子のロシアのカミラ・ワリエワ選手(16)のドーピング疑惑問題で、スポーツ仲裁裁判所(CAS)は14日、世界反ドーピング機関(WADA)の訴えを受理したと公式サイトを通じて発表した。WADAは、同選手の4年間の出場資格停止や今年2月の北京五輪での金メダル剝奪を求めているという。
CASが公表したプレスリリースなどによると、WADAはドーピングの陽性反応が出た検体を採取した2021年12月25日以降の、すべての結果や賞を遡って剥奪するよう求めている。加えてWADAは、この問題をめぐりロシア反ドーピング機関(RUSADA)が、ワリエワ選手への聴取を複数回にわたり延期したと主張している。
WADAの広報は「まだ終わっていないことなので、現時点では何も言えない」としている。また、ワリエワ選手が師事するエテリ・トゥトベリーゼ氏のチームで振付を担当するダニイル・グレイヘンガウス氏も「正直に言えば、この問題に関してはいろいろ言いたいことがあるが、法律的観点からコメントはしない」としている。
アカチエワ選手の横断幕を掲げるファン - Sputnik 日本, 1920, 14.11.2022
フィギュア特集
【ルポ】日本人記者が見たフィギュアGP露大会 その舞台裏とファンの思いに迫る

ワリエワ選手のドーピング疑惑問題

2021年12月のドーピング検査でワリエワ選手から禁止薬物であるトリメタジジンの陽性反応が出た。これが明るみに出たのは2022年北京冬季五輪開催中のことだった。このため北京五輪フィギュア団体はロシア代表のチームが金メダルを獲得したものの、表彰式は延期された。ワリエワは当時15歳の「要保護者」で、女子シングルにも出場が許されたものの、4位に終わった。
その後、RUSADAが調査を続けていた。一方、WADAは11月8日、ワリエワのドーピング疑惑問題についてCASに提訴したと明らかにした。RUSADAに迅速な解決を求めたものの、進展がなく11月4日の「デッドライン」を過ぎたからだと説明している。
関連ニュース
フィギュア・ロシアGP第3戦、ワリエワが優勝 演技直後に異例のジャンプ再挑戦も
やっと「快楽を感じるようになった」=悲運の女王・ワリエワ フィギュア・ロシアGPで首位発進
「ファンの意見は私のプログラムに影響を与えない」  ワリエワ 物議を醸したフリーと五輪後に受けたヘイトについて語る
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала