南シナ海、フィリピンと中国の係争地で「ロケット片?」めぐる事件 食い違う主張

© AP Photo / Rolex Dela Pena, Poolパグアサ島(中業島)
パグアサ島(中業島) - Sputnik 日本, 1920, 21.11.2022
フィリピン軍は21日、中国とフィリピンの双方が領有権を主張する南沙諸島(スプラトリー諸島)周辺の南シナ海上で、フィリピン船がえい航していた浮遊物を、中国海警局の艦船が「強奪」したと発表した。一方、中国側は浮遊物が中国が最近打ち上げたロケットの破片で、現場で「友好的な協議」の末に引き渡されたとしていて、双方の主張は食い違っている。ロイター通信などが伝えている。
ロイター通信などがフィリピンのアルベルト・カルロス海軍中将の話として伝えたところによると、フィリピン海軍は20日、フィリピンが実効支配する南沙諸島のパグアサ島(中業島)から730メートルの沖合で、所属不明の浮遊物を発見。フィリピン船がこの浮遊物をえい航し始めたところ、中国海警局の船が接近した。
中国側はフィリピン船と浮遊物をつないでいたロープを切り、自らの船に載せたという。フィリピン側の発表では、浮遊物が何だったのか、中国がなぜ回収したのかについては触れられていない。
フィリピン空軍C-130H - Sputnik 日本, 1920, 11.11.2022
【解説】フィリピンを軍事的悲劇に引き込む日本
一方、この発表を受け、中国外務省の毛寧報道官は21日、浮遊物が「中国によって最近打ち上げられたロケットの破片である」と説明。「現場で友好的な協議のあと、フィリピン側が中国側に浮遊物を引き渡した」としていて、フィリピンの協力に謝意を表している。また、中国がフィリピン側から奪い取った事実はないと否定したという。

南シナ海の領有権問題

南シナ海上では南沙諸島(スプラトリー諸島)や西沙諸島(パラセル諸島)について、周辺国が領有権を主張しあっている。主に中国とベトナムの係争地となっているが、一部ではブルネイ、マレーシア、台湾、フィリピンなども領有権を主張している。
関連ニュース
尖閣諸島沖 中国海警局の船1隻が日本の領海に侵入 今年30日目
南シナ海での米国の訓練に反対するフィリピンの漁業従事者たち
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала