ウクライナ情勢により、フランスとドイツはかつてないほど敵対関係になった=FP

© Fotolia / Twixx欧州、地図
欧州、地図 - Sputnik 日本, 1920, 22.11.2022
ウクライナ情勢はフランスとドイツの間に深い分裂を引き起こした。Foreign Policyのコラムニストであるカロリーン・グリュイテル氏が執筆した。
コラムニストは、欧州では過去数年間、「分業」があったと指摘した。ベルリンは経済に焦点を当てて「地政学を無視する」ことができ、パリは「軍隊と国連安全保障理事会の議席を持つ核保有国」として、外交政策にもっと集中することができた。
グリュイテル氏は「パリはベルリンを批判している。マクロン仏大統領の数々の欧州提案を何年にもわたって無視してきたドイツ側は、なぜ独自の行動をとり始めたのだろうか。なぜショルツ独首相は一人で中国に行ったのか?」と書いている。
同氏によると、ドイツがフランスとの調整なしに「突然」一方的な方針を思いつくという事実は、フランスとドイツの間の「微妙なバランス」を崩す。
ラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 21.11.2022
【解説】バリで開かれたG20サミット グローバルな問題の解決において大きな成果は得られなかった?
グリュイテル氏は、ウクライナ情勢により、両国間の「根本的な相違」が露呈し、「双方に摩擦が生じている」と付け加えた。同氏によると、ドイツは現在、ロシアに対する制裁とエネルギー供給の急激な減少のために経済成長への脅威が迫っていることを懸念している。またベルリンでは、欧州の安全がフランスではなくNATOにより確保されていることを認識している。
フランスのマクロン大統領は欧州の「戦略的自治」についてのアイデアを持っているが、これが何を意味し、誰のリーダーシップの下でそれを実現すべきかについてはわからない。そのため、ドイツのショルツ首相は、米国とドイツの関係を改善することを優先している。
関連ニュース
ショルツ独首相 プーチン大統領との対話を邪魔する試みを退けてきた
ポーランドのミサイル着弾で変わる西側のレトリック 試されたNATO
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала