露連邦保安庁 ウクライナ特殊機関による「サウス・ストリーム」への妨害工作を阻止

© Sputnik / Sergey Guneev「サウス・ストリーム」
「サウス・ストリーム」 - Sputnik 日本, 1920, 24.11.2022
ウクライナの特殊機関による、ロシア南部ヴォルゴグラード州にある天然ガスパイプライン「サウス・ストリーム」への妨害工作の試みは阻止された。ロシア連邦保安庁が発表した。サウス・ストリームは、トルコとヨーロッパに天然ガスを供給するパイプライン。
妨害工作の準備とその支援に関わったロシア人が拘束された他、リムペットマイン(吸着爆弾)4個、プラスチック爆薬4キログラム、遅延起爆装置、59万3000ルーブル(約140万円)、ウクライナ特殊機関の責任者と連絡を取るための通信手段や、爆破地点の座標が記されたものが押収された。
9月26日には、デンマークのボーンホルム島付近で、ロシアが欧州向けにガスを輸送するパイプライン「ノルドストリーム1」と「ノルドストリーム2」の2か所で同時にテロ行為が行われた。その後の10月13日、ロシアのプーチン大統領はトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領との会談で、ロシアの天然ガスをトルコに運ぶパイプライン「トルコストリーム」を爆破する試みがあったが、事前に阻止して関与した者を逮捕したと明らかにした。
関連記事
スウェーデン 「ノルドストリーム」ガス漏れの原因は破壊工作と断定
「ノルドストリーム」のテロ・黒海艦隊攻撃、英国が計画に参加=露国防省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала