- Sputnik 日本, 1920
フィギュア特集

フィギュア、ロシアGP第6戦 男子SPではセメネンコが圧巻の演技で首位発進

© Sputnik / Владимир Песня / メディアバンクへ移行フィギュア、ロシアGP第6戦 男子SPではセメネンコが首位発進
フィギュア、ロシアGP第6戦 男子SPではセメネンコが首位発進 - Sputnik 日本, 1920, 27.11.2022
26日、ロシア・ペルミ地方でグランプリロシア大会第6戦が開催され、男子ショートプログラム(SP)ではエフゲニー・セメネンコ(19)が103.36点をマークし首位発進した。
プログラムの終了後、選手は次のように自分の滑りを評価した。
「今日のプログラムは全部うまくいった。ジャンプ以外のエレメントについて言えば。思うにこれはマックスに近い。ただ、テクニックについてはもちろんもっと複雑にできるところはある。怪我のあとは少しずつ難しい4回転もジャンプしてきた。足はまだ不安があるけれども、危機的というほどではない」
2位にはアレクセイ・エロホフ選手(23)が続いた(93.61点)。3位はイリヤ・ヤブロコフ選手(19)だった(93.31点)。
アンナ・ロマシュク - Sputnik 日本, 1920, 17.11.2022
フィギュア特集
ロシアグランプリで唯一転ばなかったフィギュアスケーター 凍った沼地での練習やマイナス70度の生活について語る
グランプリ・ロシア大会の第6戦「ペルミ地方知事杯」は26、27日に露ペルミで開催。グランプリ・ロシア大会の男女シングルではISUのグランプリと同じように、各選手が第1~6戦の中から最大で2回出場し、順位結果に応じてポイントが付与される。その合計点をもとに、来年3月に南部ソチで開かれるグランプリ・ファイナルに出場する選手を露フィギュアスケート連盟が決定する。すでに第1、3戦で優勝したカミラ・ワリエワ選手(16)は、ファイナル進出をほぼ確実にしている。
関連ニュース
フィギュアISUグランプリ第6戦、米国の新星マリニンが圧勝
「高橋大輔には羽生結弦よりもたくさんのファンがいる。前の世代は選手としてスケートをした期間が長かったという理由だけでもきわだっていた」=マリナ・ズエワ氏
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала