ロシアに関係した宗教団体の活動を禁止、ウクライナ正教会内部の内通者を摘発へ=ゼレンスキー大統領

© AP Photo / Ukrainian Presidential Press Office ロシアに関係した宗教団体の活動を禁止、ウクライナ正教会内部の内通者を摘発へ=ゼレンスキー大統領
ロシアに関係した宗教団体の活動を禁止、ウクライナ正教会内部の内通者を摘発へ=ゼレンスキー大統領 - Sputnik 日本, 1920, 02.12.2022
ウクライナ政府はロシアに関係がある宗教団体の活動を国内で禁止する。また、ウクライナ正教会内におけるロシアの協力者を摘発して氏名を公表するほか、必要に応じて法的措置を講じる。ウォロディミル・ゼレンスキー大統領が表明した。
ゼレンスキー大統領はSNSに投稿したビデオメッセージの中で次のように発言した。
「今日は国家安全・国防会議が開催された。ウクライナで活動する宗教団体と加害国の関係について多くの事実をこの会議で検討した」
ウクライナ保安庁が教会内で親露派狩り、ウクライナ正教会が抗議の声明発出 - Sputnik 日本, 1920, 25.11.2022
ウクライナ保安庁が教会内で親露派狩り、ウクライナ正教会が抗議の声明発出
大統領によると、「加害国の影響下にある団体」がウクライナ人を操作できない環境を整える必要があるという。その上で会議はロシア連邦に本部を置く宗教団体と関連した組織の活動を禁止する法案を立法府で審議するよう政府に命じた。その他、ウクライナ正教会がモスクワ総主教府と宗教的・教義的関係を持っていないかを専門家に調査させ、必要に応じて法的措置を適用するよう命令した。この関連でゼレンスキー大統領はキエフ・ペチェールシク大修道院(世界遺産に登録)をウクライナ正教会が管理することの法的正当性を調査するよう命じたことも明らかにした。
また宗教関係者の間でロシアの工作活動に協力する人物をより大規模に摘発する用意を表明した。大統領はそうした内通者のリストを近く公表するとのこと。
ゼレンスキー大統領がマスク氏にウクライナ訪問呼び掛け、「自分の目で見て判断してから発言せよ」 - Sputnik 日本, 1920, 01.12.2022
ゼレンスキー大統領がマスク氏にウクライナ訪問呼び掛け、「自分の目で見て判断してから発言せよ」
先にウクライナ保安庁はキエフ・ペチェールシク大修道院内で「鐘が鳴り渡り、ロシアの上に母なるルーシが目を覚ます、聖母がロシアを救う、母なるルーシが目を覚ます」という「ロシア支持」の歌が歌われていたとし、刑事告発していた。
キエフ・ペチェールシク大修道院のパーヴェル府主教によると、儀礼を担当したザハリヤ神父は今後、教会内での活動が禁止されたとのこと。その後、府主教はウクライナ主義のサイト「平和維持軍」で懲罰の対象リストに掲載されたという。このサイトにはジャーナリストやドンバス地域の義勇兵、及びその他の市民の情報が記され、「売国奴」と定義されている。
キエフ・ペチェールシク大修道院はウクライナ正教会(モスクワ総主教庁系)の管理下にあるものの、5月に分離派のウクライナ正教会(2018年にウクライナ正教会からの独立を宣言)は大修道院の明け渡しを要求する声明を発表していた。ウクライナ正教会は分離派が保安庁を利用し、キエフ・ペチェールシク大修道院を自らの管理下に置こうとしていると懸念している。
関連ニュース
【人物】世界で初めてマヤ文字解読に成功したロシア人学者クノロゾフ 「人間の知恵で作られたものが他の人間に解決できないはずがない」
ソ連の伝説的ロック・グループ、リメイクアルバムを12月に発表
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала