第6世代ステルス爆撃機「B-21」がお披露目 米国

B-21 - Sputnik 日本, 1920, 03.12.2022
米軍需企業大手「ノースロップ・グラマン」は3日、最新のステルス戦略爆撃機「B-21 Raider(襲撃者)」を初公開した。催しの様子は同社の公式サイトで生中継された。
プレゼンテーションは米カリフォルニア州パームデールにある工場で、ロイド・オースティン国防長官も出席したなかで行われた。同社は「B-21」が世界で唯一の第6世代航空機だとしていて、キャシー・ウォーデン社長も「『B-21』は未来の抑止能力だ」と自信をみせる。
同社の発表によると、「B-21」は世界のどの地点でも任務遂行可能で、核・非核弾頭ともに運搬可能で、完成度の高いステルス性能のおかげで先進的な対空防衛システムの網をかいくぐることができるという。さらに、将来的には無人型の「B-21」も計画されている。
今回公開された機体のほかにも、5機の「B-21」が製造中だという。運用開始は2023年を見込む。米軍は100機以上の「B-21」を購入する見込みで、2023年から2027年までに190億ドル(2兆5500億円)以上を確保している。
核兵器運搬手段などの戦略兵器をめぐってはロシアのミサイル開発企業「マキーエフ・ロケット設計局」が今月、最新の大陸弾道弾ミサイル「RS-28(サルマト)」の大量生産に着手したと発表。サルマトは従来の北極周りだけでなく、南極周りの軌道でも米大陸に到達可能な超長距離弾で、最大射程は18000キロ。同設計局はサルマトが「今後40~50年間、ロシアの安全を確保する」としている。
関連ニュース
米軍航空機、半数の機種が戦闘基準満たさず
米爆撃機B-2、「シベリアまで到達する」ミサイル発射にはじめて成功
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала