静岡の園児虐待で逮捕の元保育士、「ストレスあった」

© Sputnik / Vitaliy Belousov / メディアバンクへ移行静岡の園児虐待で逮捕の元保育士、「ストレスあった」
静岡の園児虐待で逮捕の元保育士、「ストレスあった」 - Sputnik 日本, 1920, 07.12.2022
静岡県裾野市の保育園「さくら保育園」に勤務していた元保育士ら3人が園児への暴行容疑で逮捕された事件で、このうち1人が容疑を認めた。接見した弁護士によると、容疑者は「新型コロナの影響で、業務量や気遣うことが増えてストレスを感じていた」などと話しているという。NHKが報じた。
逮捕された元保育士3人は2022年6月に1歳児クラスの園児に対し、顔を押したり、足を持って宙づりにしたりしたほか、頭を殴ったとして、暴行の疑いが持たれている。
このうち、頭を殴ったとして逮捕された39歳の元保育士は容疑を認めた。弁護士によると、当時の状況については、「検温の記録をつけている際に、園児がおもちゃの台所によじ登ろうとしたため、危ないから注意しようと、持っていたバインダーで頭をたたいてしまった」と話しているという。そのうえで、「今考えると軽率な行為で、大変申し訳ないことをした。こうした行為は1度だけで、繰り返し行ってはいない」と話しているとのこと。また、市が公表した15の悪質な行為のうち、バインダーでたたいたことや、容姿をやゆしたことは認めた一方、その他の行為については関与していないと主張しているという。
関連ニュース
モンゴル暴動、「多方面外交」が背景と専門家 中国・日米の狭間で揺れ動く草原の国
コソボ特殊部隊、セルビア人居住区襲撃 空襲警報や爆音で騒然
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала