ミンスク合意は「ウクライナに時間を与える」ための試みだった=メルケル前ドイツ首相

© AFP 2023 / John Thysドイツのメルケル前首相
ドイツのメルケル前首相 - Sputnik 日本, 1920, 07.12.2022
2014年と2015年、各国の代表者らがドンバス地域における戦闘停止を意図した協定「ミンスク合意」に署名したのは、ウクライナに時間を与えるためである。これによってウクライナは強くなることができた。ドイツのメルケル前首相は、独紙「ディー・ツァイト(Die Zeit)」のインタビューで、このように語った。
メルケル氏は「2014年のミンスク合意は、ウクライナに時間を与えるための試みだった。ウクライナもこの時間を利用して、ご覧のように、強くなった。2014年から2015年のウクライナは、現在のウクライナではない」と述べた
メルケル氏は、「ミンスク合意」の参加者すべてがウクライナ紛争は一時的に停止しただけであり、問題そのものは解決されていないことを理解していたと指摘した。同氏はまた、ミンスク合意が発効していた間に北大西洋条約機構(NATO)の加盟国が現在と同じようにウクライナを支援していた可能性があるとの見方を示した。
ロシアのプーチン大統領とドイツのアンゲラ・メルケル首相 - Sputnik 日本, 1920, 25.11.2022
「影響力が足りなかった」退任前にロシアとの対話を確立することができなかった=メルケル前独首相
またメルケル氏は、自身が首相を務めていたときに実施した対ロシアおよび対ウクライナ政策について、「今日でも自分にとって明瞭なかたちで決定した」と述べ、「それはまさにこのような戦争を未然に防ぐための試みだった。それが上手くいかなかったからといって、その試みが間違っていたわけではない」との考えを示した。
関連ニュース
メルケル氏、プーチン大統領の言葉を真剣に受け止めるよう呼びかける
NATOとロシアの関係は、ウクライナ紛争終結後すぐには改善されない=NATO事務総長
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала