NATOとロシアの関係は、ウクライナ紛争終結後すぐには改善されない=NATO事務総長

© AP Photo / Geert Vanden WijngaertNATOのストルテンベルグ事務総長
NATOのストルテンベルグ事務総長 - Sputnik 日本, 1920, 07.12.2022
北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は、英フィナンシャル・タイムズ(FT)主催のオンライン・イベントで、ウクライナ紛争の終結はNATOとロシアの関係正常化にはつながらないとの考えを示した。

「この戦争の終結は、ロシアとの良好または正常な関係の回復を意味するものではないことを理解する必要がある。ロシアとの長期にわたる複雑な関係に向けて準備を整えておかなければならない。これは、われわれの防衛に投資し、NATOの集団的抑止と防衛を強化する必要性を意味している」

ストルテンベルグ氏はまた、現在ウクライナ紛争を外交によって解決する可能性を排除し、冬にロシアとウクライナは「自国の軍隊の再編成、再軍備」を目指すだろうという見方を示した。
ロシアのラブロフ外相は先に、NATOのロシアとの軍事的対立路線は核保有国同士の衝突に発展する危険性をはらんでいると警告した。
関連ニュース
2008年にウクライナをロシア封じ込めの足場にするための種が蒔かれていた=露ラブロフ外相
「西側はウクライナをなだめる」=元NATO欧州最高司令官 ロシア軍基地攻撃後の米国の新たな胸騒ぎ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала