- Sputnik 日本, 1920
フィギュア特集

三原がSP首位の坂本を抜いてフィギュアGPファイナル初優勝

© Sputnik / Vladimir Astapkovich / メディアバンクへ移行三原がSP首位の坂本を抜いてフィギュアGPファイナル初優勝
三原がSP首位の坂本を抜いてフィギュアGPファイナル初優勝 - Sputnik 日本, 1920, 11.12.2022
イタリアのトリノで行われているフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは10日、女子のフリースケーティング(FS)の演技が行われ、日本の三原舞依選手が208.17点を叩き出し、初優勝を果たした。ショートプログラム首位の坂本花織選手はFSの演技が振るわず、5位(192.56点)の結果となった。
三原選手は2位に10点以上の差をつけて優勝を果たした。
演技後の会見ではコーチに対する感謝の気持ちを露わにした。
「コーチにはグランプリファイナルもしっかりねらっていこうと言っていただいたが、自分のなかでは今までなかなか表彰台にあがれなかったこととか苦しかったことのほうが頭にあったので、実現できると思っていなかった。ただただ練習してきたことを全部出し切ることを大切に、スケートができる喜びを表現したい、感謝の思いを込めたいと滑っていた」
なお、FSでは最後の3回転ループで転倒があり、「全部が全部、完璧ではなかったのでレベルアップしたい」と語った。
2位にはイザボ・レビト選手(197.23点)、3位にはベルギーのルナ・ヘンドリックス選手(196.35点)が続いた。
今大会、日本の宇野昌磨選手(24)が今季世界最高記録となる304.46点を叩き出し、2位に30点の差をつけてグランプリ初優勝を果たした。ペアではSP首位の三浦璃来/木原龍一組が日本勢初の優勝を果たした。さらに、ジュニアでは日本の島田麻央選手(14)が205.54点で優勝した。日本女子のジュニアGPファイナル優勝は13年ぶり。
関連ニュース
フィギュアスケート ロシアジャンプ個人選手権 優勝はカミラ・ワリエワ
タチアナ・ミーシナコーチ、トゥクタミシェワのグランプリ第6戦優勝について 「年齢は関係ない」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала