ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシアの動員兵ら、外国人傭兵と対峙したときのことについて語る

© Sputnik / Vitaliy Timkiv / メディアバンクへ移行ロシアの動員兵ら
ロシアの動員兵ら - Sputnik 日本, 1920, 13.12.2022
ドンバスの前線スヴァトフスキー地区で戦闘任務を遂行していた際に外国人傭兵と対峙したときのことについて、ロシアの動員兵たちがスプートニク通信に語った。
兵士の1人によると、敵の戦闘員らは塹壕に入って守りについていたが、その後、司令部の命令で陣地を変えるために別の場所へ移動を開始した。ロシアの兵士たちは、身をかがめながら別の場所へ急ぐ部隊がもしかしたら味方である可能性もあるため、確認するために合言葉を要求した。
すると、それに対して「ロシア人よ、降伏しろ!」と叫んできたため、ロシア側は敵に対して「発砲を開始した」という。
ロシアの兵士たちによると、彼らに投降を要求した戦闘員たちはポーランド訛りまたはスロバキア訛りで話していたとみられる。
兵士は「ロシア人は降伏しない」と述べた。
日本人「義勇兵」の「ドブレ」さんと台湾出身のゼン・ユホン氏 - Sputnik 日本, 1920, 11.11.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
【解説】「ウクライナには存在しない」はずのネオナチが全世界から一同に 戦死の日本人「義勇兵」は誰と生死を共にしていたか
ロシア軍は、キエフ政権側に立って紛争に参加しているポーランドの傭兵の存在について繰り返し発表している。ロシア国防省は11月末、ハリコフ州のヴェリーキエ・フトラでポーランドの傭兵最大200人と、ドネツク人民共和で「外人部隊」100人以上が一掃されたと発表した。
同時期にルガンスク人民共和国は、情報機関が入手した情報や無線傍受した情報を引用して、クレメンナヤ、リシチャンスク、スバトボの郊外やその他の方面でポーランドの傭兵が非常に大きな損失を被ったと発表した。
関連ニュース
ウクライナではどの国の傭兵がもっとも多いか=ロシア国防省
軍事訓練を受けた米国人がウクライナ軍事行動に参加=AP通信
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала