ウクライナ正教会の解体は困難、欧州人権裁判所による提訴の可能性大=宇政府高官

© Sputnik / Stringerウクライナ正教会の解体は困難、欧州人権裁判所による提訴の可能性大=ウクライナ政府高官
ウクライナ正教会の解体は困難、欧州人権裁判所による提訴の可能性大=ウクライナ政府高官 - Sputnik 日本, 1920, 17.12.2022
ウクライナ政府は、仮にウクライナ正教会の活動を国内で禁止した場合、欧州人権裁判所に提訴される恐れがあり、この裁判で勝利できる可能性はまず無いことから、議会が検討するウクライナ正教会の禁止法案は断念せざるを得ない。ウクライナ最高会議人道・情報政策問題委員会のニキータ・ポトゥラエフ委員長が表明した。
先に同委員会はウクライナ最高会議に対し、ロシア正教会に関連のある団体の活動禁止を定めた法案の承認を提案していたものの、委員長は考えを改め、「これは決して簡単な問題ではない」との見通しを示した。

「社会では、教会を閉鎖してしまおう、という考えがある。一方、我々は欧州の国であり、EUへの加盟交渉を待つ国である以上、そんなことはできない。というのも、欧州人権裁判所に提訴され、敗訴は確実で、必要な結果は達成できないからだ」

そこで委員長は冷静に事態を進める必要性を主張し、ロシア正教会の活動のみを禁止する法案を提案した。これにより同法案はウクライナ国内の宗教団体に対し、ロシアとの繋がりがないことの証明を義務付ける内容にとどまるとのこと。
ロシアに関係した宗教団体の活動を禁止、ウクライナ正教会内部の内通者を摘発へ=ゼレンスキー大統領 - Sputnik 日本, 1920, 02.12.2022
ロシアに関係した宗教団体の活動を禁止、ウクライナ正教会内部の内通者を摘発へ=ゼレンスキー大統領
先にウクライナ保安庁はキエフ・ペチェールシク大修道院内で「鐘が鳴り渡り、ロシアの上に母なるルーシが目を覚ます、聖母がロシアを救う、母なるルーシが目を覚ます」という「ロシア支持」の歌が歌われていたとし、同大修道院、及び北西部ロブノ州の一部教会で「対情報作戦」を実施し、50人以上を拘束して尋問していた。
キエフ・ペチェールシク大修道院のパーヴェル府主教によると、儀礼を担当したザハリヤ神父は今後、教会内での活動が禁止されたとのこと。その後、府主教はウクライナ主義のサイト「平和維持軍」で懲罰の対象リストに掲載されたという。ウクライナ正教会は一部の聖職者に重罰を求刑する内容の起訴状が用意されているとし、懸念を示している。
キエフ・ペチェールシク大修道院はウクライナ正教会(モスクワ総主教庁系)の管理下にあるものの、5月に分離派のウクライナ正教会(2018年にウクライナ正教会からの独立を宣言)は大修道院の明け渡しを要求する声明を発表していた。ウクライナ正教会は分離派が保安庁を利用し、キエフ・ペチェールシク大修道院を自らの管理下に置こうとしていると懸念している。
関連ニュース
キーウ・レジーム、ウクライナ正教会の聖地簒奪を画策=露外務省
宇正教会の大修道院が分離派の管理下に移行、宇政府は一部聖職者の出国を禁止
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала