ウクライナ危機は長期化し、史上最悪の冬が2023年に訪れる=セルビア大統領

© Ministry of Foreign Affairs of Russia / メディアバンクへ移行ウクライナ危機は長期化し、史上最悪の冬が2023年に訪れる=セルビア大統領
ウクライナ危機は長期化し、史上最悪の冬が2023年に訪れる=セルビア大統領 - Sputnik 日本, 1920, 17.12.2022
セルビアのアレクサンダル・ヴチッチ大統領はウクライナ危機があと1年以上は継続し、2023年から2024年にかけて史上最も厳しい冬が訪れるとの見通しを示した。
セルビア・ラジオ・テレビの生中継でヴチッチ大統領はウクライナ軍とロシア軍の状況について、両軍ともに前線が「膠着」したとの見通しを示し、次のように発言した。
「すべてが困難だ。一方も、もう一方も弾薬、兵士が足りていない。そして一方も、もう一方も最良の兵士を失った。思うに、この戦争は翌年以降も続き、次の冬は世界史上最も厳しいものとなる」
キエフ側で紛争に加わる米民間軍事会社「モーツァルト」が明かすウクライナ軍の内情、「兵の7割超が死傷」 - Sputnik 日本, 1920, 09.12.2022
キエフ側で紛争に加わる米民間軍事会社「モーツァルト」が明かすウクライナ軍の内情、「兵の7割超が死傷」
ウクライナのインフラ施設に対する空爆は10月10日以降続いている。この空爆はクリミア大橋で発生したテロ行為の2日後に始まった。
先にロシアのウラジーミル・プーチン大統領はウクライナのインフラ施設に対する攻撃について、クリミア大橋に対する空爆への報復措置に他ならないと説明していた。
一方、ウクライナのゼレンスキー大統領は英誌エコノミストの取材に応じた中で、ロシア軍が1991年時点の国境にまで撤退することが戦闘行為を終了させる上で唯一の道だと表明していた。
関連ニュース
米国は今後、ウクライナにロシア領への攻撃をしないよう求めない
ウクライナがクリミアを支配下に戻そうとする試み、西側との亀裂に
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала