韓国 北朝鮮の無人機対策として全軍全国規模の演習実施

© AFP 2023 / Kim Jae-Hwan韓国空軍のKA-1攻撃機。アーカイブ写真
韓国空軍のKA-1攻撃機。アーカイブ写真 - Sputnik 日本, 1920, 29.12.2022
韓国軍は29日、北朝鮮の無人機対策として、あらゆる軍備を用いた全軍実戦演習を5年ぶりに実施する。YTNテレビが伝えた。
韓国のユン・ソンニョル(尹錫悦)大統領はこれより前、北朝鮮無人機が韓国北東、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」が展開されている米軍基地を偵察および写真撮影後に墜落した2017年以降、韓国軍は無 人機対策の総合演習を実施していないと指摘していた。
今回の演習は全国規模で行われる。作戦シナリオとしては北朝鮮の無人偵察機が韓国領空に侵入し、韓国軍が検出し撃墜する想定。空軍機、陸軍ヘリ、レーダー探知機が動員される。
26日には、北朝鮮の無人機5機が南北軍事境界線(MDL)を超えて韓国領空に侵入したが、韓国軍は撃墜することができなかった。スプートニク通信は専門家の見解として、GoogleやNaverで必要な情報がすべて入手できる昨今、北朝鮮軍が行ったのは本格的偵察ではなく、心理的プレッシャーを狙ったものであろうとの見方を伝えた。
関連記事
危険な侵入者 韓国軍は鳥の群れに対してヘリと戦闘機を出撃
【視点】北朝鮮はドローンのテストを行うと同時に韓国の防空システムの有効性を確認した
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала