「戦略的パートナシップの強化」NATOとEU、協力に関する新たな共同宣言に署名

© AFP 2023 / JOHN THYS記者会見するシャルル・ミシェル欧州理事会議長、イェンス・ストルテンベルグNATO事務総長、ウルスラ・フォン・デア・ライエン欧州委員会委員長
記者会見するシャルル・ミシェル欧州理事会議長、イェンス・ストルテンベルグNATO事務総長、ウルスラ・フォン・デア・ライエン欧州委員会委員長 - Sputnik 日本, 1920, 10.01.2023
北大西洋条約機構(NATO)と欧州連合(EU)は、協力に関する新たな共同宣言に署名した。署名は2年ぶりで、通算3回目。署名式にはNATOのストルテンベルグ事務総長と欧州理事会のミシェル議長、欧州委員会のフォン・デア・ライエン委員長が出席し、式典はNATOと欧州委員会のサイトで中継された。
ストルテンベルグ氏は記者会見で、NATOとEUの加盟国は数か月にわたってウクライナに「前例のない規模」の支援を提供することができたと指摘し、加盟国は自国の兵器在庫は使い減らしたが、ウクライナ支援は正しい決断だったと強調した。同氏はまた、NATOとEU加盟国の領土を守るのと同時にウクライナ支援を行うのに十分な量の兵器を保有するため、将来的に兵器の備蓄を増やす必要があると述べた。
フォン・デア・ライエン氏は、EUはロシアやロシアへ軍事支援を行っているベラルーシ及びイランなどの国に対する制裁圧力を拡大すると指摘した。また同氏は、EUとNATOの同盟国はロシアだけでなく中国の脅威にも直面していると強調した。
公表された共同宣言では、NATOとEUは持続可能な開発(発展)、重要インフラの保護、気候安全保障、宇宙における安全保障などの分野での協力も拡大すると述べられている。
米紙ニューヨーク・タイムズは先にアナリストらの発言を引用し、西側がウクライナに発表した装甲車を含む追加軍事支援はウクライナ政府の反転攻勢を支持していることの証であり、「血塗られた1年」の準備に他ならないと報じた。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала