IT・科学 - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

英国に落下した隕石 地球外生命体の痕跡が見つかる

ウィンチコム隕石 - Sputnik 日本, 1920, 12.01.2023
2021年に英国南西部に落下した隕石には、地球外生命体の起源に関する秘密が隠されていることが、英国の研究で明らかになった。この研究をまとめた論文が、学術誌「メテオリティクス・アンド・プラネタリー・サイエンス」に掲載されている。
その隕石が落下したのは、英国南西部のグロスターシャー州ウィンチコム。ロンドン大学の研究者らが、隕石に含まれる有機物を分析したところ、小惑星の岩石であり、生命の誕生に必要な液体状の水とアミノ酸があることが分かった。しかし、この隕石に含まれるアミノ酸の割合が、他の隕石の10分の1だという。このため研究者らによると、似たようなタイプの隕石がこれまでに研究されていないことが判明したという。
CC BY 4.0 / Queenie H. S. Chan et al. / 分析済みの隕石「ウィンチコム」、隕石の融解箇所(黒い矢印が融解箇所。この部分は試料破砕前に滅菌済みのツールで除去した)、落下地点の土壌が収められた滅菌済みバイアル。
Образец метеорита Уинчкомб, корка расплава (отмечена черной стрелкой) и почва с места падения в стерильных стеклянных флаконах - Sputnik 日本, 1920, 12.01.2023
分析済みの隕石「ウィンチコム」、隕石の融解箇所(黒い矢印が融解箇所。この部分は試料破砕前に滅菌済みのツールで除去した)、落下地点の土壌が収められた滅菌済みバイアル。
現地に落下した隕石は、コンドライト(石質隕石)と呼ばれるもので、地球に落下する隕石の中では一番多い。ウィンチコムで発見された隕石は、この種の隕石では史上初めて落下直後に見つかった。
研究者らによると、この隕石に関する研究を行うことで、太陽系で生命が誕生するきっかけとなった単純な化学的反応の解明に近づくという。
これよりも前、米航空宇宙局(NASA)の研究者らは、火星で生命体の痕跡を探すために必要な掘削深度は2メートルとの研究結果を発表した。
関連記事
地球の大陸形成の謎が解明される
火星 大型隕石との衝突で高さ250メートルの巨大津波が起きていた 惑星科学
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала