ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米専門家「ウクライナ支援で米国の武器枯渇、備蓄回復に数年を要する」

© Sputnik / Maxim Zakharov / メディアバンクへ移行歩兵携行式多目的ミサイル「ジャベリン」
歩兵携行式多目的ミサイル「ジャベリン」 - Sputnik 日本, 1920, 13.01.2023
米国の軍産複合体は、ウクライナ支援で枯渇した武器備蓄回復に向けて生産拡大に年月と多大な努力を強いられる可能性がある。戦略国際問題研究所(CSIS)上級研究員で元米海兵隊大佐のマーク・カンシアン氏が見解を示した。
カンシアン氏はCSIS向けのコメントの中で、生産投資を加味した武器備蓄回復に要する時間に関する研究データを引用。歩兵携行式多目的ミサイル「ジャベリン」補給には5年半、携行式防空ミサイルシステム「スティンガー」には6年半、155mm榴弾砲には5年を要するとした。
同氏は、軍事企業がかつての生産スピードを維持するならば、戦略備蓄は適切に補充されない恐れがあると指摘している。
ロシア国防省 2023年は最新の攻撃兵器の軍備拡大 - Sputnik 日本, 1920, 12.01.2023
ロシア国防省 2023年は最新の攻撃兵器の軍備拡大
昨年12月、米軍事製品メーカー「レイセオン・テクノロジーズ」のグレッグ・ヘイスCEOは、米国指導部はウクライナ紛争の最初の数カ月で「スティンガー」13年分、「ジャベリン」5年分の生産量を消費したと発言した。
NATOのストルテンベルグ事務総長は以前、NATO加盟国およびEUは武器備蓄を使い果たしたが、ウクライナ支援は正しい結果だったと述べた。同氏はまた、NATOとEU加盟国の領土を守るのと同時にウクライナ支援を行うのに十分な量の兵器を保有するため、将来的に兵器の備蓄を増やす必要があると述べた。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала