2022年、中国の人口が61年ぶりに減少 出生率が建国以来最低に

© Sputnik / Iliya Pitalev / メディアバンクへ移行中国・上海
中国・上海 - Sputnik 日本, 1920, 17.01.2023
2022年の中国の総人口は14億1175万人となり、2021年末より85万人減少した。中国国家統計局が17日に発表した。
中国国家統計局は「2022年末の中国の人口は14億1175万人(香港、マカオ、台湾の住民を除く)で、2021年末から85万人減少した」と発表した。
各メディアでは、中国の人口減少は61年ぶりだと指摘されている。共同通信は、中国の人口は世界首位の座から陥落し、インドが最多となった可能性があると報じている
中国・北京 - Sputnik 日本, 1920, 17.01.2023
中国 2022年のGDP成長率は3%、政府目標を下回る
2022年の出生数は956万人となり、1000人当たりの出生数を示す出生率は6.77に低下した。2021年に続き、1949年の建国以来最低を記録したとされている。死亡数は1041万人で、1000人当たりの死亡者数を示す死亡率は7.37と、死亡者数が出生数を上回った。
中国国家統計局の発表によると、2022年末時点での中国の男女比は104.69で、女性100人に対して男性が105ほどいることになる。男性の人口は7億2206万人、女性の人口は6億8969万人。
赤ちゃん - Sputnik 日本, 1920, 22.12.2022
【視点】一時金増額も出生率増加にはつながらない?
2022年末時点での生産年齢人口(15~64歳)は8億7556万人で総人口の62%、60歳以上の人口は2億804万人で総人口の19.8%を占めている。
中国では、1979年に導入された「一人っ子政策」により、男女間の不均衡や高齢化など人口問題が深刻化。中国政府は2016年、全ての夫婦が2人の子どもを持つことを認めた。それでも出生率の上昇をもたらすことはなく、年々少子化が進んだ。このため、中国政府は2021年、全ての夫婦に対し3人目の子どもを持つことを認めた。
関連ニュース
中国人は米国のシリーズドラマ好き でも仲良くしたい相手はロシア
有能なゲーマーを雇って、コテンパンに負けさせる わが子のゲーム依存症と闘う中国人の親たちの苦肉の策
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала