人類滅亡まで90秒 世界終末時計、過去最悪に

© 写真 : Bulletin of the Atomic Scientists「午前0時まであと90秒」と書かれた終末時計
「午前0時まであと90秒」と書かれた終末時計 - Sputnik 日本, 1920, 25.01.2023
米学術誌「原子力科学者会報」は24日、核戦争などにより人類が滅亡するまでの時間を象徴的に表した今年の「世界終末時計」を発表した。2023年は時計の針が昨年より10秒進み、過去最も破滅に近い90秒前とされた。
「原子力科学者会報」代表のレーチェル・ブロンソン氏は次のように述べている。

「今年、我々はこれまでになかったほど、核の午前0時に針を進めることになりました。あと、90秒しかありません」

核爆弾の爆発 - Sputnik 日本, 1920, 20.01.2023
核爆弾が爆発 家のどこに隠れるのが安全?
世界終末時計は同誌によって1947年に創設された。午前0時を核戦争などによって人類が破滅する時間にたとえ、それまでに残っている時間で国際情勢の緊張度合いを象徴的に表している。近年は時計の針は進むばかりで、2020~2022年は人類滅亡の100秒前に。90秒前となった今回は、過去最悪の状態を更新した。
これまでに最も人類滅亡から遠ざかったのは1991年で、17分前とされた。その年には旧ソ連と米国が第一次戦略兵器削減条約を結び、核弾頭やその運搬手段となる弾道ミサイル、爆撃機などの軍縮に向け協調が進んでいた。
関連ニュース
「岸田は広島・長崎の犠牲者を裏切った」=メドベージェフ元露大統領 日本人には同情
「核兵器は未来の世代を守る道具」金正恩氏と娘が、核兵器搭載可能なミサイルの保管倉庫を視察
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала