NATO同盟国は今夏、新たに野心的な防衛費の目標を設定する可能性=ストルテンベルグ事務総長

© AP Photo / Rahmat Gulストルテンベルグ事務総長
ストルテンベルグ事務総長 - Sputnik 日本, 1920, 25.01.2023
NATO同盟国はこの夏リトアニア・ヴィリニュスで開かれる首脳会議で、より「野心的な」防衛費の目標を設定する可能性がある。ストルテンベルグ事務総長の発言を独紙「ディ・ヴェルト」が伝えた。
ストルテンベルグ事務総長によると、NATOの防衛費の目標は更新を必要としており、ヴィリニュスの首脳会合で合意できると同氏は確信しているという。「何について合意するのかはっきりとは言えないが、しかし以前よりも野心的な目標について話が及ぶであろうし、我々がより多くの投資をしなくてはならないことも皆、わかっている」
標準ではNATO加盟国は自国GDPの2%以上を支払わなければならい。2024年にはこの数値に達するはずだ。NATOと同じく、日本は2027年までに防衛費を同規模まで引き上げることを決定した。
関連記事
ドイツ国防相 「NATOはウクライナ紛争の当事者になるべきではない」
「戦略的パートナシップの強化」NATOとEU、協力に関する新たな共同宣言に署名
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала