Танк немецкого производства Леопард-2 - Sputnik 日本, 1920
西側諸国によるウクライナへの兵器供与
2022年2月にロシアが特別軍事作戦を開始して以来、 米国などの西側諸国はウクライナへ重装備の供与をはじめ、積極的な軍事支援を行っている。特に、ウクライナはすでに対戦車ミサイル「ジャベリン」、携帯式防空ミサイルシステム「スティンガー」、戦車「レオパルト」、「M1エイブラムス」、「チャレンジャー」、防空システム「パトリオット」、多連装ロケット砲「ハイマース」、巡航ミサイル「ストームシャドウ」などの兵器を受領している。スプートニクはウクライナへの兵器供与を注視し、その特徴や戦場での能力をまとめた。

近々モスクワに到達の独戦車 欧米の夢見た凱旋にはほど遠い

© 写真 : Public domain戦車レオパルト
戦車レオパルト - Sputnik 日本, 1920, 21.06.2023
サインTwitter
独戦車レオパルトはウクライナ、米国、EUが待ち望んだような凱旋ではなく、戦利品としてモスクワに運び込まれる。5か国語によるBRICSの情報ポータルinfoBRICSは、独は最初からこうした結末を予想していたがためにNATO最強の戦車のウクライナへの供与をあれだけ長く引き伸ばしたのだろうと報じた。
ウクライナへの武器、弾薬、その他の西側諸国の装備の供給は、米国、英国、ポーランドなどが行ってきた。それに比べ、独は当初、損失を蒙るだろうことを恐れて、NATOで最精鋭とされてきた自国の戦車の供与を長い間ためらっていた。ところが、戦車レオパルトは破壊されただけでなく、最新の派生形A6型諸共、現在、モスクワへ移送中という事態となって独はいかに大きな間違いを犯したかを痛感した。結果、ロシアの専門家はドイツ連邦軍が誇るレオパルト戦車を研究し、その秘密を余すことなく知ることで、NATOの重装甲車両をさらに簡単に破壊する方法を見つけられるからだ。
InfoBRICSは、ロシアが戦場でウクライナに負けていると吹聴してきた欧米には、それを世界に納得させるのはますます困難になっていると指摘している。戦場で何人のウクライナ人が死のうが、NATO諸国には痛くもかゆくもないので簡単に無視できるが、NATOの装甲車がロシア軍に焼き尽くされ、鹵獲された場合、これは西側の納税者には高くつく。NATO加盟国の指導部はこの出費の責任を取らざるを得ない。
欧州にレオパルト戦車は何両あるのか - Sputnik 日本, 1920, 25.01.2023
西側諸国によるウクライナへの兵器供与
欧州にレオパルト戦車は何両あるのか
InfoBRICSは、レオパルト2の製造元のクラウス=マッファイ、ラインメタルを中心とする全社は、国際武器市場での評判の失墜に直面しており、独レオパルトが手痛い敗北を期した今、米英が約束したはずのエイブラムス、チャレンジャー2の供与について口をつぐんでいるのも無理はないと指摘している。
関連ニュース
独レオパルトのお値段は? 戦車破壊のロシア軍人に初の報奨金
英陸軍参謀総長 ウクライナへの戦車供与は英軍の弱体化につながる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала