ザポリージャ原発 - Sputnik 日本, 1920, 30.08.2022
ザポリージャ原発の安全性を巡る状況
ザポリージャ(ザポロジエ)原子力発電所は、欧州最大の原子炉数と出力を誇る。同原発は、今年3月からロシア軍の保護下にある。ロシア外務省は、核物質及びその他の放射性物質の漏洩を防ぐという観点から、同原発がロシア軍の保護下にあることの正当性を強調した。ウクライナ軍は、ザポリージャ原発のあるエネルゴダル市、周辺の村、原発自体を含む都市に隣接する原発の敷地への定期的な砲撃を続けている。

ウクライナ軍がザポリージャ原発を砲撃 送電線が一時切断 現在は正常に稼働

© Sputnik / メディアバンクへ移行ザポリージャ原発
ザポリージャ原発 - Sputnik 日本, 1920, 03.09.2022
ウクライナ軍によるザポリージャ(ザポロジエ)原発への砲撃により、ドニプロ(ドニエプル)の送電線が一時切断された。その後、2つの発電装置が稼働し、大きな損傷はないという。ザポリージャ州の行政主要評議会のウラジーミル・ロゴフ氏が発表した。
ロゴフ氏は自身のテレグラム・チャンネルで、現地時間3日午前0時半ごろ「ザポリージャ原発の東400メートルに3弾が着弾し、2号機と3号機の間にさらにもう1弾が着弾。ドニプロ送電線が切断された。原発は自家発電に切り替わった」と記した
ロゴフ氏によると、ウクライナ軍はその2時間ほど前からザポリージャ原発への砲撃を続けている。
その後ロゴフ氏は、5号機と6号機が運転を続けており、大きな損傷はないと話した。
ウクライナ軍、ザポリージャ原発周辺のエネルゴダル市攻撃を認める - Sputnik 日本, 1920, 03.09.2022
ザポリージャ原発の安全性を巡る状況
ウクライナ軍、ザポリージャ原発周辺のエネルゴダル市攻撃を認める
ザポリージャ原発では9月1日から、IAEAのラファエル・グロッシ事務局長が率いる調査団が査察に訪れている。現地では、ロシア国営の原子力企業「ロスアトム」代表団の団長と同原発の職員がIAEAの調査団を案内し、調査団はウクライナ軍による砲撃の被害を受けた原発区域を視察したという。
ロシア国防省は、IAEA調査団の査察当日、モスクワ時間6時(日本時間12時)ごろにウクライナ軍の最大60人の破壊工作班2班が7隻のボートでザポリージャ原子力発電所から北東に3キロのカホフカ貯水池の岸に上陸し、原発の占拠を試みたと発表した。ロシアはこれを阻止し、破壊工作班及び上陸部隊を乗せた船を殲滅した。
関連ニュース
ウクライナによるザポリージャ原発への攻撃は、欧州における大惨事の現実的な脅威をつくり出している=ショイグ露国防相
IAEA調査団8人がザポリージャ原発で作業を継続中  現在は小康状態
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала