ロシアは年内に3000万トンの穀物を貧困国に供給する=プーチン大統領

© Sputnik / Grigory Sysoev / メディアバンクへ移行ロシアのプーチン大統領
ロシアのプーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 10.09.2022
ロシアのプーチン大統領は9日、安全保障会議常任メンバーとの会合で、ロシアは年内に3000万トンの穀物を貧困国に供給し、いずれはその量をさらに増やすことを計画していると述べた。

「まさに最貧国への供給を増やすことは、正しいことだと考える。(中略)年内に計3000万トンの穀物を供給し、この量を5000万トン以上に増やす用意がある。なぜなら今年は、ありがたいことに、豊作だからだ」

プーチン大統領はまた、肥料供給の問題で国連と作業するよう外務省に指示した。

「我われは、欧州委員会がロシア産肥料の供給を解禁し、制裁を解除したことも知っており、もちろん、このような決定を歓迎する。しかし、8月10日、欧州委員会からこの問題について説明があった。ロシア産肥料を購入できるのは欧州連合(EU)加盟国だけであり、ロシア産肥料とベラルーシ産肥料を欧州諸国の港を経由して同じ途上国、アジア、アフリカ、ラテンアメリカの市場に供給することはいまだに禁止されており、不可能であることががわかった」

船「ラゾーニ号」 - Sputnik 日本, 1920, 11.08.2022
ウクライナの穀物を搭載した船舶 アフリカやアジアを「飢えさせ」、代わりに西側へ=露外務省
プーチン大統領はまた、カリ肥料を無償で途上国に提供することを提案したほか、ロシアは肥料生産のために200万トンのアンモニアを貧困国に供給する用意があることも表明した。
関連ニュース
世界的な飢饉は起こらない=ロシア外務省
国連が指摘 100万トンのウクライナ産食料の輸出は素晴らしい成果
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала