ウクライナ産穀物、世界へ270万トン輸出 どの国へ運ばれたか?

トルコのイスタンブールで今年7月、トルコ、ロシア、ウクライナ、国連の4者がウクライナ産穀物輸出の再開に関する協定に合意。8月から穀物を積んだ船舶が順次出港を開始した。国連主導で開設された「共同調整センター(JCC)」によると、これまでに約270万トンのウクライナ産穀物が世界へ運ばれたという。
270万トンの穀物は、これまでどの国へどれだけの量が運ばれたのか? スプートニクがインフォグラフィックでまとめた。
スプートニクでは以前、8月以降にウクライナから輸出された食品の種類や数、また、輸出を担う船舶やその行先をインフォグラフィックでまとめている。
関連ニュース
ロシアは途上国に無償で肥料を供給する用意がある=プーチン大統領
露仏首脳が電話会談 ザポリージャ原発や穀物輸出をテーマに
石油上限価格設定 ロシアの輸出継続へのインセンティブを奪うことはない=米財務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала