国外退去の在札幌ロシア総領事館の領事は、その地位に反する行為はしていない=在日ロシア大使館

© 写真 : Nissy-KITAQ在日ロシア大使館
在日ロシア大使館 - Sputnik 日本, 1920, 04.10.2022
日本が在札幌ロシア総領事館の領事を国外退去させると決めたのを受け、ロシアのミハイル・ガルージン駐日大使は4日、日本外務省に呼び出された。
ガルージン大使は、在札幌ロシア総領事館の領事を「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」と指定する日本側の決定は不適切かつ恣意的だとして断固とした抗議を表明した。またガルージン大使は、今回の措置と在ウラジオストク日本総領事館の領事が最近ロシアから国外退去となったことの間に日本側が見出す共通点に根拠はないと指摘した。在ウラジオストク日本総領事館の領事は明らかに法律に違反する行為をし、金銭的報酬と引き換えに機密情報を受け取った際にロシアの治安機関によって現行犯逮捕された。一方、在札幌ロシア総領事館の領事は、その地位に反する行為は一切していない。
在日ロシア大使館はまた、日本側の今回の措置が二国間関係のさらなる悪化をもたらすだけであることは明らかだと発表した。
関連記事
日露平和条約 新たな現状で締結のチャンスはあるのか? 日露の専門家らの見解
現在の状況では日本との平和条約交渉は不可能=ペスコフ露大統領報道官
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала