イーロン・マスク氏 ツイッター買収契約の復活を提案か=ブルームバーグ

© AP Photo / Matt Rourkeイーロン・マスク氏
イーロン・マスク氏 - Sputnik 日本, 1920, 05.10.2022
米実業家で電気自動車大手「テスラ」CEOのイーロン・マスク氏が、一度は撤回したツイッター社の買収契約を復活させるよう同社側に提案したとみられることが明らかになった。4日、米メディア「ブルームバーグ」が、関係者の話として報じている。
「ブルームバーグ」によると、マスク氏は買収契約の復活を提案する書簡をツイッター側に送付。買収価格は1株54.2ドル(約7800円)で、今年4月に合意した内容のままとなっているという。
マスク氏とツイッター社は書簡の内容や提案受け入れの有無についてコメントしていない。
この報道を受け、4日のニューヨーク株式市場ではツイッター社の株式が12パーセントも値上がりし、ストップ高となった。
スプートニクのロゴ - Sputnik 日本, 1920, 01.10.2022
イーロン・マスク氏「露国営メディアにもいい点ある」
マスク氏は4月25日、ツイッター社を約440億ドルで買収することで合意した。買収は年内に完了する予定だったが、マスク氏は7月9日、ツイッターが契約上の義務を順守していないとして、買収を撤回した。マスク氏はツイッターに対し、スパムおよび偽アカウントが5%以下であるかどうかの確認を要求し、法廷論争にまで発展していた。
米ツイッターは13日に臨時株主総会を開き、米起業家のイーロン・マスク氏と4月に合意した総額440億ドル(約6兆3000億円)の買収取引を承認していた。
関連ニュース
マスク氏、ウクライナでの「スターリンク」展開にかかった費用を明らかにする
イーロン・マスク氏 ツイッターで「ロシアとウクライナの平和」ビジョンを提示
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала