物価上昇は一時的、「賃金上昇へ金融緩和継続」=日銀総裁

© Sputnik / Vladimir Pesnya / メディアバンクへ移行物価上昇は一時的、「賃金上昇へ金融緩和継続」=日銀総裁
物価上昇は一時的、「賃金上昇へ金融緩和継続」=日銀総裁 - Sputnik 日本, 1920, 16.10.2022
日本の物価上昇は賃金の上昇を伴っておらず、一時的なものに過ぎない。日銀は経済を下支えするため、大規模な金融緩和を続ける。米ワシントンで開かれた金融関係者らが集まる討論会に日銀の黒田総裁が出席した中で表明した。NHKが報じた。
討論会に出席した黒田総裁は「日本では、物価上昇率が2%を超えているが原材料費などのコストの上昇によるもので、来年度の物価上昇率は2%を下回ると予想される」と述べ、今の物価上昇はエネルギー価格の上昇などに伴う一時的なものだという認識を示した。
日本、スーパー - Sputnik 日本, 1920, 03.10.2022
日本 70%が物価高の影響「感じる」=朝日新聞世論調査
黒田総裁によると、欧米の経済はコロナ禍の前を上回る形で回復しているものの、日本経済の水準はそこまで至っていないという。そのため、賃金上昇も生まれていないと指摘し、欧米との経済状況の違いを説明した。
そのうえで「物価は上がらないというノルム(社会の考え方)を変え、賃金の上昇を伴った持続的で安定的な物価安定目標を確実に実現するには経済を下支えする必要があり、そのためにも金融緩和を継続することが適切だ」と述べ、大規模な金融緩和を続ける姿勢を強調した。
関連ニュース
ロシアとの経済戦争、米国を脅かすのは世界における影響力の喪失
円相場 1ドル=148円台後半まで値下がり、約32年ぶりの円安水準
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала