NATO次期事務総長有力候補の名が挙がる

© AP Photo / Luca Bruno辞任したイタリアのマリオ・ドラギ首相
辞任したイタリアのマリオ・ドラギ首相 - Sputnik 日本, 1920, 18.10.2022
北大西洋条約機構(NATO)消息筋は、NATOの次期事務総長について、辞任したイタリアのマリオ・ドラギ首相が有力視されており、ドラギ氏がストルテンベルグNATO事務総長の後任になる可能性があると伝えた。
消息筋によると、フランス、イタリア、ドイツは、現在まさに欧州大陸にNATOの主な課題が集中していることを考慮し、欧州の安全保障構造を深く理解している人物がNATOの次期事務総長になるべきだと主張している。
消息筋は「マリオ・ドラギ氏はこのポストを獲得するチャンスが現在一番あるように思われる。なぜならフランス、イタリア、ドイツ側が賛成しており、米国は反対していないようだからだ」と述べた。
消息筋は、このアプローチによると、NATO事務総長のポストに最も適しているのはしかるべき実務経験を持つ欧州の当局者だと考えられており、そのうちの2人、ドラギ氏とギリシャのキリアコス・ミツォタキス首相については英国、米国、カナダから反対の声が上がっていないが、一方でこれら3か国はドラギ氏よりも「よりダイナミックな立場」を持った人物を支持していると指摘した。
ロシアのぺスコフ大統領報道官 - Sputnik 日本, 1920, 16.10.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
NATOは事実上ウクライナ紛争に首を突っ込んだ=露大統領報道官
ストルテンベルグ事務総長の任期は今秋に終了する予定だったが、ウクライナ危機を受けて1年延長され、2023年9月30日までとなった。
関連ニュース
NATOの核抑止軍事演習 戦闘兵器の使用は無し
NATOはウクライナ紛争の当事者ではないが、ウクライナ支援を続ける=ストルテンベルグ事務総長
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала