日本 財務省、市場介入についてコメントせず 一方で一時的な円高

日本円 - Sputnik 日本, 1920, 24.10.2022
日本の鈴木財務相は、24日の外国為替市場で再び円安が進んでいることについて「引き続き為替の動向を注視している」としたものの、市場介入については「コメントしない」と述べた。NHKなどが報じた。
鈴木財務相は24日午前、記者団の取材に応じ、市場介入について「私どもは市場を通じて投機筋と厳しく対峙している。そういう状況を考えて(介入の実施については)コメントしない」と述べた。
また「投機によって過度に変動することは断じて容認できず、必要に応じて対応を取っていきたい」とし、必要があれば市場介入も辞さないとの姿勢を示した。
東京都港区 - Sputnik 日本, 1920, 20.10.2022
日本、今年度上半期の貿易赤字を記録 過去最大
政府・日銀は9月22日に約24年ぶりにドル売り円買いの市場介入を行った。しかしながら、円高は一時的なものに過ぎず、再び円安が続いていた。10月21日には1ドル151円90銭程度まで下落し、1990年8月以来の円安水準となった。
これを受け、政府・日銀が介入の事実をあえて明らかにしないいわゆる「覆面介入」を実施。円相場は1ドル=144円台半ばまで一気に7円以上、値上がりした。
共同通信によると、24日朝の外国為替市場の円相場では一時、円高が急速に進行し、1ドル=145円台まで値上がりした。市場では、政府・日銀が再び円買い介入したのではないかとの観測が浮上した。ただその後は円安が進み、荒い値動きとなっている。
関連ニュース
日本で9月の消費者物価指数が3%上昇、31年ぶりの水準
バイデン氏、世界経済の問題の原因がドル高であることを認めず
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала