APECサミット宣言、ウクライナ情勢「他の見解ある」 露に配慮のG20式妥協案

APEC - Sputnik 日本, 1920, 19.11.2022
タイ・バンコクで行われたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)サミットで18日、宣言が採択された。懸案のウクライナ情勢に関しては、ウクライナ紛争を「ほとんどの参加国が非難する」としたものの、「他の見解もある」と書き加え、ロシアに配慮を見せる形で妥結した。
宣言ではウクライナ情勢に関して、次のように記されている。

「ほとんどの参加国は断固としてウクライナでの戦争を非難する。これは甚大な人的被害の原因となり、経済成長の鈍化、インフレ率の増大、サプライチェーンの混乱、エネルギー危機や食料に関する無防備性、金融的安定性へのリスクといった世界経済の脆弱性を深めるものである。状況や制裁に関しては異なる意見や様々な評価があった」

ウクライナ情勢を巡っては、15~16日にインドネシア・バリ島で開かれたG20サミットでも「多数のG20諸国がウクライナでの軍事行動を非難しているが、『この状況に関する別の意見』もある」とし、ロシアに配慮する形で宣言を採択していた。
G20 - Sputnik 日本, 1920, 18.11.2022
【視点】米国のG20での成果:西側とは合意、中国とは見せかけ?
このほか、宣言で採択された主な内容は以下の通りとなっている。
APECの枠組みは安全保障の問題を決定するものではないが、これは世界経済に多大な影響を及ぼしている
気候変動対策や排出削減についてより積極的に取り組む必要性がある
APEC諸国は農業を発展させ、食料安全保障を高めるために尽力する
APECは自由で開かれた投資環境を保証し、開かれた市場を維持し、サプライチェーンの乱れを排除する
参加国は汚職対策に協同で取り組む
次回、2023年のAPECサミットは米国のサンフランシスコで開かれる。
関連ニュース
ロシア、穀物合意で1500万トンの穀物を貧しい国に輸出
「世界では冷戦と覇権主義のイデオロギーが盛んになっている」=中国・習近平主席
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала