【解説】首が折れてしまう射出座席からピカっと光る雷まで F-35が抱える問題点のトップ10とは

CC0 / / F-35【アーカイブ】
F-35【アーカイブ】 - Sputnik 日本, 1920, 15.12.2022
米国の大手航空機メーカー「ロッキード・マーティン」が開発した戦闘爆撃機「F-35ライトニングII」は、1機あたりの価格が7800〜9500万ドル(約105〜128億円)、運用や維持に関わるコストが1兆3000億ドル(約176兆円)と、史上最も高価な兵器だ。しかし、導入から数年経った今でも、運用者はこの機体が抱える多くの問題で頭を悩ませ続けている。
このF-35は、購入・運用・維持に1兆7000億ドル(約229兆円)がかかるとみられている。この金額は、オーストラリアの年間GDP(国内総生産)にほぼ匹敵し、ロシアの年間国防予算の20倍以上。ロッキード・マーティンがF-35の運用に影響を与える問題を解決するためにさらなる金額を要求するとなると、同社は謙虚さを少し見せるのではないかと期待する人もいるかもしれない。
しかし、それはあまりに無理な頼みのようだ。米国メディアは先週、F-35のコックピットにある精巧なコンピューターを改良するためのコストが6億8000万ドル(約921億円)に達し、米国防総省が当初予定していた7億1200万ドル(約964億円)とほぼ同額になったと報じた。つまりコストの総額は約13億ドルに達する。
英国とイタリアがすでに乗り出していた戦闘機開発計画「テンペスト」 - Sputnik 日本, 1920, 09.12.2022
日英伊 次期戦闘機の共同開発 3か国首脳声明
ロッキード・マーティンにとって幸いなのは、コスト超過は問題ではない点だ。実際、米国とその同盟国によって締結されたF-35の取得に関する契約には、「コスト超過」と「未確定」が織り込まれているためだ。予想外のコスト超過は買い手(つまり政府とその納税者)の問題になる。
米国会計検査院(GAO)は、F-35にかかると想定されるコストと、同機の未解決の問題点を記した報告書を毎年公開している。GAO が2022年に発表した報告書によると、運用から7年経った現在でも、F-35には「カテゴリー1」に分類される大きな欠陥が4個と、欠陥の規模が小さい「カテゴリー2」には822個の問題があるという。
ここでは、F-35が長年にわたり直面してきた問題のいくつかを紹介する。

10. 機内での過圧

その報告書では、「カテゴリー1」の欠陥の1つである「機内での過圧」について述べられているが、その問題の規模、性質、原因について詳しい説明はない。しかし、機内が過圧になると、耳鳴り、一時的な難聴、頭痛、副鼻腔痛、そしてひどい場合は鼓膜破裂や、難聴を一生患うことになったり、意識喪失などを引き起こす大問題に発展する恐れがある。時速2000キロメートルで飛行する8000万ドル(約108億円)の価値をもつ戦闘機のパイロットにとって、機内の過圧が問題になることは言うまでもない。

9. 暗視ディスプレイの問題

F-35の暗視ディスプレイに関わる「問題」は、この報告書で指摘されているもう一つの「重大な欠陥」だ。この問題も詳細は伏せされているものの、以前発表された報告書では、暗視ディスプレイが月が出ていない時に作動しない、暗視ディスプレイに横線のような模様が入るなどの潜在性のある問題が指摘されている。2021年、米国防総省はこの問題を解決するべく1個40万ドル(約5420万円)の一体型暗視ヘルメットを改良すると発表した。しかし、米軍のすべての支部が新しくなる暗視ヘルメットの取得を承認したわけではない。

8. ピカっと光る雷

このタイトルのとおり、「F-35ライトニングII」は荒天に関する問題に悩まされるという皮肉な性質を持っており、米海兵隊は2018年の時点で、同機は「複合型軍用機として、固有の受動的雷防護を提供していない」という懸念を表明している。国防総省が2012年に発表した報告書によると、雷が燃料タンクの不活性化システムに落ちると同機が損傷したり破壊されたりする恐れがあるとして、同機を雷雨のエリアを飛行距離40キロメートル以内で運用するのは安全でないと結論付けている。米空軍は2022年初頭、2025年までに落雷の危険に関する問題を解決すると発表した。

7. ソフトウェアにバグ

F-35に搭載されているコンピュータと800万行以上にもなるコードで発生しているソフトウェアのバグは、F-35が抱える問題として常に報告されている。この問題は明らかに悪化しており、米国防総省は2021年、米国のトップ大学に勤務するソフトウェアの専門家に、なかなか解決しないこの問題の解決方法について助言を求めたほどだ。140億ドルをかけて行ったソフトウェアのアップグレードは、兵器の機能や通信からナビゲーション、サイバーセキュリティ、ターゲティングまで、さまざまな問題を修正することを約束しているが、同省はすでにこのアップグレードを 「未熟で欠陥あり。テストが不十分」 と評している。

6. 頭痛の種 それはレーダー

米国防総省は2016年、F-35はレーダーシステムのシャットダウンに関わる問題があると認めた。この問題は、4時間に1度の割合で発生するという。シャットダウンの発生後、レーダーが「画像を取り戻す」までに「数分」かかると報告されているが、戦闘機にとって、その「数分」の間に標的の上空を飛んでいるのか、それとも標的から100キロメートル以上離れたところにいるのかというのは重要な問題になってくる。
自衛隊 - Sputnik 日本, 1920, 01.12.2022
世界最強の軍隊を持っているのはどこの国?

5. 腐食

F-35は、敵側の最新レーダーに対するステルス性能を向上させる目的で、機体の表面は電波を吸収できる構造が備わっている。しかし、2022年初めに公開された米海軍のF-35の写真では、電波をかわすために設計された鉄球塗料によって、機体表面が激しく腐食しているように見える。ロッキードがこの問題に対処する計画があるかどうか、またどのように対処するのかについては明らかになっていないが、同機に関する他のほとんどすべての問題と同様、修正はおそらく容易なことではないし、少ないコストでは解決はできないとみられている。

4. ダミー人形の首が折れる事態

F-35が抱える最も深刻な問題の1つは、射出座席の欠陥。2015年に低速条件で行われた試験では、同機の射出座席システムが衝突試験用のダミー人形の首を折ったことが明らかになった。その翌年の2016年、米国防総省はその問題をパイロットの大切な首を守るために設計された強化ヘルメットの試験を開始することで対応した。その1年後、米空軍は同機の射出座席システムに手を加えることで危険性を軽減し、パイロットの体重制限を解除できるようになったと発表した。

3. 追跡が可能に

F-35の最大の売りは、敵地に侵入して弾薬を撃ち込み、敵のミサイルと交戦することなく離脱できるステルス性だ。しかし、F-35が大量製造される前から、ロシア、中国、イランの設計者がこの戦闘機を長距離で探知できるレーダーを開発したという報告が相次いでいる。もちろんF-35の真価は、F-35とレーダー、防空装置が実際の環境下で作動する際に証明されることになる。
水中の原子力:世界の国々の現代の原子力潜水艦隊の姿 - Sputnik 日本, 1920, 14.12.2022
水中の原子力:世界の国々の現代の原子力潜水艦隊の姿

2. ロッキードの「気に留めない」文化

F-35は、その登場から7年以上経った今でも、米国防総省から本格的な生産に向けた承認を得られていない。米軍がF-35の認証作業を終えていないためだ。ロッキードは今日に至るまで、中国やロシアのトップクラスの戦闘機に対するF-35の性能をテストするために設計された仮想訓練環境「共同シミュレーション環境」の詳細データを米国防総省に提供するという要求をまだ果たしていない。

1. シングルエンジンの設計

F-35が抱える最大の問題とは、どんなに手を加えても解決できない欠陥。それは、単発エンジンの「万能型」設計だ。ロッキードがエンジンメーカー「プラット&ホイットニー」のF135アフターバーニング・ターボファン1基を採用したことは、洋上で大きな故障が発生したり、敵機や地上の防空壕との戦闘中にエンジンが損傷したり、基地に安全に引き返すことがほぼ不可能になることを意味している。日本の航空自衛隊は2019年、「F-35A」の1機に搭乗したパイロットが方向感覚を失って海上で行方不明になった際、この問題について熟考するきっかけを得ることとなった。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала