プーチン露大統領「ロシアと西側を近づけようとしたが、西側には別の目的があった」

© Sputnik / Sergei Guneyev / メディアバンクへ移行プーチン大統領
プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 21.12.2022
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は21日、国防省幹部らとの拡大会合で登壇し、過去にはプーチン大統領が自ら「ロシアと西側諸国を近づけようと試みた」が、西側はそれに反して「ロシアを破壊しようとした」との認識を示した。
プーチン大統領は、ソ連崩壊後のロシアは西側世界の一員になろうとしたが、西側諸国は「ロシアを待っていなかった」との認識を示したうえで、次のように述べている。

「私自らも(編注:西側諸国に)近づこうと試みたものの、西側諸国は我々の努力や試みに反する行動をとった。ロシアを破壊するためにカフカス地方の国際テロリストを利用したのもその一部だ」

ショイグ国防相 - Sputnik 日本, 1920, 21.12.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ショイグ国防相「ロシアは建設的な和平交渉に常にオープン」
そのほか、プーチン大統領の主な発言は以下の通り。

特殊軍事作戦、ロシア軍について

ロシアに対してNATOのほぼ全加盟国の軍事ポテンシャルが積極的に使われている
動員された30万人のうち15万人は現在、射撃場で、あとの半分は対ウクライナ特殊軍事作戦のゾーンで訓練中
早期にも新型の大陸間弾道弾ミサイルRS-28「サルマト」が配備される

西側諸国・ウクライナとの関係について

ロシアの戦略的敵の目的は、ロシアの崩壊。彼らにとってロシアは大きすぎる
ロシアの地政学的敵は、ウクライナを含む旧ソ連世界で「洗脳」に成功した
ウクライナ民族は兄弟民族であるとみなしてきたし、今でもそう思っている
ロシアは長年にわたりウクライナと友好関係を築こうとしたが、何も効果がなかった
ウクライナで起こっていることは悲劇だ。だがこれは第三国の政策による結果だ
関連ニュース
ロシア経済の破滅を狙った西側の目論見は失敗した プーチン大統領
ウクライナ軍によるドネツク住宅地への砲撃について、外国メディアと人権活動家は沈黙している=プーチン大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала