ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米国は2014年からロシアをウクライナとの対立に巻き込むためにあらゆることを行っていた=フランス情報機関の元局長

© AFP 2023 / Romain Lafabregueフランス対外治安総局(DGSE)情報局のアレン・ジュイエ元局長
フランス対外治安総局(DGSE)情報局のアレン・ジュイエ元局長 - Sputnik 日本, 1920, 21.12.2022
フランス対外治安総局(DGSE)情報局のアレン・ジュイエ元局長は、Mondafriqueのインタビューで、米国は2014年からウクライナ紛争を挑発し、ロシアを戦闘行為に巻き込むためにあらゆることを行っていたと語った。

米国の圧力下で

米国は全力でロシアをウクライナとの武力紛争に巻き込もうとした。これは、実際に紛争が始まった今年2月までに戦闘行為のリスクについて警告したのは米国の情報機関のみだったという事実によって説明される。
ジュイエ氏によると、欧州の情報機関が1年前にウクライナで武力衝突が起こることに疑いを抱いていたのは、「定期的に嘘をつく」米国への不信のあらわれでもあった。
同氏は、2014年及び2015年にフランスとドイツは入手した情報に基づき「米国の圧力下」においてウクライナの「親ロシア派」と「親欧米派」の住民たちの間で全面的な 紛争が勃発するリスクがあることを理解していたと述べている。各国はエスカレーシ ョンを回避するために「ミンスク合意」の締結を主導したが、米国のせいでこの合意 は実現に至らなかった。ジュイエ氏は「その後、フランスの情報機関は起こっている 事柄を傍から見ることしかできなかった」と嘆いた。
エリゼ宮でのノルマンディー形式会談後の記者会見に臨むロシアのプーチン大統領、フランスのエマニュエル・マクロン大統領、ドイツのアンゲラ・メルケル首相、ウクライナのウラジミール・ゼレンスキー大統領 - Sputnik 日本, 1920, 13.12.2022
「余所者」メルケル氏のミンスク合意に関する発言 西側がロシアをパートナーとみなしたことはなかったことを証明

「妄想をやめる必要がある」

ジュイエ氏は、前線の状況はどちらの側にとっても有利ではないが、交渉を始めるには有利な状況だと考えている。欧州の人たちは、ロシア人もウクライナ人も「非常に勇敢で、真の戦士」であることを「忘れている」という。ジュイエ氏は、ロシアは力を消耗しているがウクライナの方はすべてが上手くいっているという妄想を抱くのをやめるべきだと考えている。同氏は、この「苛酷な紛争」に勝者はあり得ないとの見方を示している。

「全面戦争は決して起こらない」

なお、ジュイエ氏は、ウクライナ紛争が核兵器の使用を伴う全面戦争にエスカレートする可能性はないと考えている。同氏は「いかなる国もロシアと戦うことを望んでいない」とし、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長が人騒がせな発言をしているのは、ロシアを相手にしたウクライナの戦いにさらに多くの資金を呼び込もうとしているからにすぎないと説明した。
ドイツ社会民主党の元党首オスカー・ラフォンテーヌ氏は先に、Deutsche Wirtschafts Nachrechtenのインタビューで、米国はウクライナでクーデターが発生した2014年からウクライナに武器を供与し、ロシアとの対決に備えさせていたと語った。
関連記事
ドンバスで戦争を始めたのはロシアではない=プーチン大統領
ブリンケン米国務長官 米国はウクライナでの紛争拡大を回避する意向 ロシアとの接触を維持
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала