インドが2036年五輪招致へ 現時点の候補国は?

© Sputnik / Ramil Sitdikov五輪
五輪 - Sputnik 日本, 1920, 28.12.2022
インドのアヌラク・タクル青年スポーツ相は、インドの2036年の夏季オリンピック(五輪)の招致に向けて意欲を示した。インド紙「Times of India」が伝えている。
タクル大臣は次のように述べている。

「2032年まではすべての開催地が決まっているが、2036年以降には我々にも希望がある。インドは準備を進め、五輪招致を申請をすると確信している」

来年9月に行われるIOC(国際五輪委員会)の総会で招致計画をプレゼンテーションする予定だという。候補地としてはインフラが整っており、これまでにも招致に意欲を示していた西部グジャラート州を挙げた。
サッポロテイネ - Sputnik 日本, 1920, 24.12.2022
【解説】いかにして札幌から2030年冬季五輪が奪われることになったのか 東京五輪汚職事件
夏季五輪の開催地をめぐっては、2024年はフランス・パリ、2028年は米・ロサンゼルス、2032年は豪州・ブリスベンに決まっている。
ロイター通信など各国の報道によると、2036年の招致レースには、これまでにエジプト、メキシコ、トルコ、インドネシア、カタールが名乗りをあげているほか、韓国、ロシア、ドイツが招致を検討しているとされる。
日本は昨年、東京五輪2020を開催したばかりであるが、2030年冬季五輪を札幌へ招致すべく活動していた。だが、札幌市の秋元克広市長は20日、東京大会2020組織委員会の汚職事件を受け、2030年冬季五輪の招致に関する機運醸成活動を当面の間中止すると明らかにした。
関連ニュース
米国オリンピック委員会 ロシア人選手の参加に支持を表明
米陸上選手、10年越しでロンドン五輪の金獲得へ ドーピングで露選手からメダル剥奪
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала