ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

プーチン大統領 ロシアはウクライナでの軍事行為の停止を目指す

© Sputnik / Илья Питалев / メディアバンクへ移行プーチン大統領
プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 18.01.2023
ドンバスにおける本格的な軍事行為は2014年以降止んでおらず、特別軍事作戦を含むすべてのロシアの行動はこの戦争の停止を目的としている。プーチン大統領はサンクトペテルブルクで18日、大祖国戦争で従軍した退役軍人やレニングラード包囲戦を経験した市民との懇談会に出席した際にこのように述べた。

「実際のところ、ドンバスでは2014年以降、重機、大砲、戦車、軍用機を使った本格的な軍事行為が止んでいない。これらが全て起きたのだ。特別軍事作戦を含め、今日行っていることはすべて、この戦争を終わらせるための試みなのだ。それが我々の作戦の目的だ。そして、その領土(ドンバス)で暮らす我々の国民を守らなければならない」

プーチン氏は、ロシアは(2014年の)クーデターが発生して以降、ウクライナで起きた出来事に反応しないわけにはいかなかったと述べた。さらに、ロシアは長い間「容認し、平和的に解決するためにあらゆることを行おうとした」と指摘した上で、「今になって分かったのは、ロシアは単に騙されたということだ」と述べた。
プーチン大統領は18日、大祖国戦争中の1941〜1944年にサンクトペテルブルク(当時のレニングラード)でナチスに街を包囲された「レニングラード包囲」の解放80周年を記念する式典に出席するため、サンクトペテルブルクを訪問した。

関連記事
ドンバスで戦争を始めたのはロシアではない=プーチン大統領
西側はウクライナ強化のためミンスク合意を利用=露外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала