ドル覇権は崩壊の危機 米国、デジタル人民元とデジタルルーブルを懸念

© Depositphotos.com / Cuteimage1 デジタル人民元
デジタル人民元 - Sputnik 日本, 1920, 24.01.2023
決済通貨としてのドル離れが加速している。そして、ここで助けとなるのが自国のデジタル通貨だ。特に中国とロシアはデジタル人民元とデジタルルーブルに取り組んでおり、これは米ドルの地位を大きく損ねる可能性がある。米フォーブスが専門家を引用して報じた。
ある専門家によると、二国間通貨スワップラインによって強化された中央銀行デジタル通貨を基盤としたネットワークは、世界の東と南の国々の中央銀行が現地の銀行システム間の通貨の流れを確保するための通貨ディーラーとして機能することを可能とする。そしてこれはすべてドル抜きで行われ、西側の銀行システムに関係することもないという。
これらの可能性を世界中の中央銀行が調査しており、中国はすでにデジタル人民元を始動させている。またロシアも、国際的な制裁が発動された後、デジタルルーブルを使用した国境を越えた決済システムの開発を開始した。
コインベース - Sputnik 日本, 1920, 18.01.2023
仮想通貨取引所「コインベース」 日本事業を見直し、顧客との取引停止
スイス金融大手クレディ・スイスのアナリストは、このようなテンポで支払い通貨としてのドル離れが進み、米ドルを使わない決済が増えると、その世界の準備通貨としての途方もない特権が崩壊する危険性があるとの見方を示している。一方、フォーブスによると、米当局自体はそこにいかなる脅威も、またデジタルドルの作成を加速する必要性も見いだしていないという。
スプートニク通信は先に、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)を引用し、米国の信用が裏付けとなった新たなデジタルドルは新時代の準備通貨となり、世界経済システムにおけるリーダーとしての米国の立場を確固たるものにすると報じた。
関連記事
【解説】ダボス会議開幕 2023年の議題は? 世界をディストピアに導く
露中のアンチ米ドル同盟強化は何をもたらすか
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала